スバル「XV」は、同社のSUVラインナップでもっともコンパクトなモデルです。今回、ハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルで雪上走行を試してみました。

末っ子SUV「XV」が大幅改良! どんなモデルになった?

 SUVや四駆のイメージが強いスバルですが、「レガシィアウトバック」「フォレスター」といった同社のSUVのなかで、もっともコンパクトなモデルが「XV」です。
 
 2017年に登場した現行モデルのXV(3代目)は、2016年にフルモデルチェンジした5代目インプレッサと同時に開発されました。

 スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用し、都会的でありながらカジュアルなデザインと悪路走破性、安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVとして、いまではインプレッサシリーズの販売の約6割を占めるほどの人気モデルに成長しています。

 また、スバルとしてハイブリッドモデルが設定されたのもXVが初めてで、2代目モデルに「XVハイブリッド」として投入。

 現行モデルでも2018年に2リッター水平対向直噴エンジンと電動化技術「e-BOXER」を組み合わせたハイブリッドモデルを設定し、XV購入者の7割近くがe-BOXERモデルを選ぶほど、同車のメインのパワーユニットとなっています。

 ベースのインプレッサには2WD(FF)とAWDが用意されていますが、XVはAWDのみの設定です。

 XVは、2020年10月に大幅改良がおこなわれたのですが、その際に外装が変更され、フロントグリル内部にクロムメッキ加飾が追加。新デザインのアルミホイールが採用されるなど、SUVらしい力強い印象に刷新されました。

 e-BOXER搭載車は、「SI-DRIVE」と協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を新採用し、よりスポーティで愉しい走りをサポートする機能が追加。

 さらに、空力性能を向上させるため、フロントバンパー内にアクティブグリルシャッターを新たに設定しています。

※ ※ ※

 内装については、「1.6i-L アイサイト」および「アドバンス」のインテリア仕様が変更され、カラーコーディネートやシート表皮を見直し、より上質で先進的な印象を高めました

雪道でも不安なし! XVの驚くべき四駆性能とは

 今回、改良が加えられた「XV 2.0e-S アイサイト」(e-BOXER搭載車)を連れ出して、雪道を走ってみました。スタッドレスタイヤはヨコハマ アイスガード6をチョイスしています。

 XVのボディサイズは全長4485mm×全幅1800mm×全高1550mmです。全幅は1800mmと3ナンバーサイズなので、近くで見ると大きく感じますが、全長は4500mmを切ることから扱いづらいということはありません。

 また、全高が低めであることから、シートのヒップポイントもちょうど良い高さに設定。乗り降りしやすいことと、SUVならではの視界の高さと広さもあり、とても運転しやすいと感じました。

 さらに、全高1550mmは一般的な立体駐車場にも入る高さとなり、駐車場のサイズに制限があるけどSUVの走破性も捨てがたいという人にはうってつけのモデルだといえます。

 XVの内装デザインは、新型「レヴォーグ」の未来感のあるデジタルコクピットと比べてしまうと世代を感じさせるものの、全体的には上質感があるインテリアです。

 2.0e-S アイサイトは、シートやインパネなど各所に施されたオレンジのステッチやシルバー加飾、ペダル類はアルミパッド付スポーツペダルが備わるなど、スポーティな演出も取り入れられています。

 今回、新雪が降り積もるなかでXVを走らせてみましたが、その四駆性能の高さに驚かされました。

 滑りやすい路面にもかかわらずとても安定しており、もちろん無理は禁物ですが、車両が滑りそうになるような不安定な挙動はほとんどありません。

 200mmという最低地上高も深い雪のなかでは頼もしく、ガンガン走れるのも魅力です。雪道の走行が苦手という人でもXVなら不安を感じることなく走行できると思われます。

 またXVは、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールし、悪路走破性からの脱出をアシストする「X-MODE」を装備しています。

 滑りやすい路面では「SNOW・DIRT」モード、タイヤが埋まってしまうような路面では「DEEP・MUD」といったふたつのモードが用意されており、路面の状況に応じて選択することが可能。

 一見XVはカジュアルな都会派SUVに見えるのですが、そこは四駆にこだわるスバルらしく、SUVの末っ子でも悪路走破性の高さは本物であると感じました。

 雪道以外でも、フォレスター(e-BOXER)よりも80kg前後軽量であることから、軽快な走りが楽しめるのもXVの特徴のひとつ。

 さらに、XVで人気のe-BOXERは、力が必要な発進をアシストしてくれるとともに、WLTCモード燃費は15.0km/L、実燃費も13.0km/L程度と、比較的良好なのもうれしいところです。

 一方で、アウトドアなどをする場合は荷物が多くなりがちですが、そういう点では、XVは荷室容量がもう少し多いほうが理想的だといえます。

 しかし、XVにルーフボックスなどを取り付けるのも様になるので、荷物をたくさん積みたい場合はそういった選択肢もアリなのではないでしょうか。

 安全面では、運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」が備わっており、ブレーキ制御で前進・後退時の衝突回避をサポートしたり、誤作動による飛び出しを制御したりといった「ぶつからない」をサポート。

 さらに、高速道路ではアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストして前走者に追従するとともに、車線の中央を走行する機能も備わっています。

 実際に使ってみましたが、ドライバーはハンドルを握っているだけでクルマが前走者との車間を制御して走行してくれるので、ロングドライブでも疲れにくいことを実感しました。

※ ※ ※

 スバルのクルマは雪国でのシェアが高く、また都市部に住んでいてウインタースポーツを趣味とする人もスバル車を選んでいることが多いといわれており、雪国ではスバル車がたくさん走っているのを見かけます。

 そのなかでもXVは、都会的でスタイリッシュでありながらSUVの力強さを兼ね備えており、なおかつ220万円(消費税込)からという価格設定も多くのユーザーに選ばれている理由のひとつです。

 オン/オフどちらもこなせる総合力の高さが、XVの魅力であるといえそうです。