一般的に高性能車というと、ハイパワーなエンジンを搭載して動力性能が優れたクルマを想像します。しかし、決してハイパワーなエンジンを搭載していなくても、優れた走りを実現したクルマが存在。そこで、ローパワーでも高性能車に成りうることを教えてくれたクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

ローパワーでも秀逸な走りのクルマを振り返る

 日産「GT-R」やトヨタ「スープラ」、ホンダ「NSX」は誰もが認める高性能車で、ハイパワーなエンジンを搭載し、優れた加速性能を発揮。また、ハイテクな車体制御によって、高い運動性能を誇ります。

 一方、決してハイパワーなエンジンを搭載していなくても、優れた足まわりや軽量な車体によって、高性能化を実現したクルマも存在。

 そこで、ローパワーでも高性能車に成りうることを教えてくれたクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「バラードスポーツ CR-X」

 ホンダを世界的な4輪自動車メーカーに引き上げた初代「シビック」は、新時代の大衆車として1973年に誕生しました。

 その後、代を重ね1983年に3代目が登場。2代目から姉妹車の「バラード」が加わり、同じく1983年にはバラードの派生車として「バラードスポーツCR-X」がデビューします。

 バラードスポーツCR-Xはセミリトラクタブルライトのフロントフェイスに、コンパクトで洗練されたファストバックスタイルのフォルムの3ドアハッチバッククーペです。

 トップグレードの「1.5i」に搭載されたエンジンは110馬力(グロス)を発揮する1.5リッター直列4気筒で、パワフルではありませんが800kg(5速MT)と軽量な車体と、シビックよりも180mmも短いホイールベースが相まって、優れた加速性能とコーナリング性能を実現。

 とくにクイックなハンドリングから、アメリカでは「ローラースケートGT」の愛称で呼ばれたほどです。

 110馬力でも十分なパワーでしたが、1980年代はターボエンジンの台頭や、同クラスのライバルが多かったことから、バラードスポーツCR-Xも135馬力(グロス)のDOHCエンジンを搭載。

 2代目、3代目(デルソル)とさらにパワーアップが図られると諸性能も向上していきましたが、大きく重くなっていくのは避けられず、初代のシャープなフィーリングは薄れてしまいました。

●ユーノス「ロードスター」

 1989年に、当時マツダが展開していた5つのブランドのひとつ「ユーノス」から、2シーターFRオープンスポーツカーの初代「ロードスター」が登場。

 1980年代は世界的にも2シーターオープンカーは減少傾向にあり、国内メーカーでは完全に撤退している状況のなかのデビューでした。

 外観は丸みを帯びた非常にコンパクトなボディで、往年の英国製スポーツカーをオマージュしたようなフォルムを採用。和をイメージしてデザインされたというフロントフェイスにはリトラクタブルヘッドライトを搭載し、軽快感を演出しています。

 シャシはロードスター専用に開発されましたが、エンジンは「ファミリア」に搭載された1.6リッター直列4気筒をベースに縦置きに変更。最高出力は120馬力と同クラスのライバルよりもアンダーパワーでしたが、200万円を大きく下まわる安価な価格設定に貢献しました。

 サスペンションはスポーツカーでは王道の4輪ダブルウイッシュボーンを採用。ベースグレードで940kgと軽量かつ高剛性な車体により、高いドライビングプレジャーを実現しました。

 安価で手軽に乗れるFRスポーツカーということで、2シーターオープンカーながら初代ロードスターは国内外でヒットを記録。

 その後、代を重ねるとエンジンとボディは大型化しましたが、現行モデルの4代目では原点に立ち返り、エンジンのダウンサイジングと軽量化がおこなわれました。

●日産「プリメーラ」

 現在、セダン人気の低迷から、各メーカーともラインナップが著しく減少してしまいましたが、1980年代から1990年代は、セダンはパーソナルカーとして高い人気をほこっていました。

 当時の日産は小型の「サニー」からフルサイズの「シーマ」まで、セダンのフルラインナップ化をおこなっており、1990年には新たなコンセプトのミドルクラスセダン、初代「プリメーラ」を発売。

 プリメーラは欧州市場を主なターゲットとしたグローバルカーで、欧州車に匹敵する走りの性能と、快適性、使い勝手の良さを高い次元でバランスした、新世代のFFセダンとして開発されました。

 外観は奇をてらうことのない王道のフォルムながら、派手すぎず飽きがこない優れたデザインと評されます。

 エンジンはトップグレードに最高出力150馬力を発揮する2リッター直列4気筒を搭載。これはスポーティなセダンとしては標準的なスペックです。

 一方で、足まわりは前輪に新開発のマルチリンク、後輪にパラレルリンクストラットの4輪独立懸架を採用し、軽快なハンドリングと、優れた乗り心地を両立。とくにコーナリング性能は高く評価されました。

 この初代プリメーラのコンセプトは日欧で歓迎され、ヒットを記録。その後、1995年に2代目、2001年には3代目が、初代のコンセプトを継承してデビューしますが、セダン人気の低迷から2005年に生産を終了し、プリメーラの歴史に幕を閉じました。

優れたパッケージングのコンパクトカーに、軽さを最大の武器にした軽自動車

●トヨタ「ヴィッツ」

 1999年に発売されたトヨタ初代「ヴィッツ」は、プラットフォームをはじめ、エンジンや主要なコンポーネントのすべてが新開発された次世代コンパクトカーとしてデビュー。

 ボディサイズは全長3610mm×全幅1660mm×全高1500mm、ホイールベースは2370mmと、現在の水準からするとかなりコンパクトで、ボディタイプは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックの2種類をラインナップ。

 発売当初は70馬力の1リッター直列4気筒エンジンのみで、トランスミッションは5速MTと4速ATを設定。決してパワフルではありませんが、車重はメイングレードの「F 5ドア」が840kgで、すべてのグレードが800kg台を達成するなど軽量な車体には十分なパワーでした。

 外観は曲面を多用して丸みを帯びたフォルムで、小さいながらも安定感のある印象です。

 また、優れたパッケージングによって、クラスを超えた広い居住スペースと荷室を確保した室内を実現。収納スペースも多く、実用的かつ機能的なデザインとなっています。

 足まわりはフロントがストラット、リアがトーションビームというコンパクトカーでは標準的なサスペンション形式ながら、欧州市場をターゲットとしたことで、上質な乗り心地とスポーティな走りの両立が図られました。

 初代ヴィッツは量販グレードでも92万8000円(消費税含まず)とリーズナブルな価格で、優れた経済性から日欧で大ヒットを記録。

 その後、1.3リッター、1.5リッターモデルが加わり、さらに余裕ある走りを獲得。2代目、3代目でもベーシックカーとしてのコンセプトはブレることなく、現行モデルの「ヤリス」へと継承されています。

●スズキ「アルトワークス」

 庶民の足として誕生した軽自動車も、1980年代の初頭からターボエンジンが搭載されるようになり、高性能化が加速。各メーカー間でパワー競争が繰り広げられ、トップに君臨したのが1987年に発売されたスズキ初代「アルトワークス」です。

 アルトワークスは550cc直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載して64馬力を発揮。これが馬力自主規制につながり、パワー競争に終止符が打たれました。

 その後、アルトワークスは代を重ねましたが、ニーズの変化から一旦販売を終了。

 そして、2015年に5代目となるアルトワークスが15年ぶりに復活を遂げ、最高出力64馬力に変わりありませんが専用のターボチャージャーを搭載し、「ワークス」伝統の4WDモデルも設定されています。

 現在、軽自動車でもっとも売れているトールワゴンで、車重900kg台が標準的ですが、アルトワークスは670kg(5速MT、2WD)という軽量なボディに、専用チューニングされたサスペンションやブレーキを搭載して、走る・曲がる・止まる、の各性能すべてが高められました。

 トランスミッションは5速MTに加え、パドルシフトでスポーツドライビングが楽しめるスズキ独自のAMTである5速AGS(オートギアシフト)もラインナップ。

 正統派の高性能軽自動車として、いまもアルトワークスは高い人気を誇っています。

※ ※ ※

 近年は安全装備や快適装備の充実、電動化によって、クルマの重量は重くなってしまいました。しかし、軽量で強度が高い高張力鋼板や、高級車ではCFRPなどが使われることで、軽量なクルマも増えてきました。

 軽量なクルマは走行性能や運動性能に優れるだけでなく、燃費にも良い影響を及ぼします。

 かつて、軽いクルマは安っぽいと評されたこともありますが、現在はそうしたイメージも払拭されつつあるようです。