トヨタが、送迎車としてニーズの高い「ハイエース」を対象とした「飛沫感染対策セパレータ」を、販売店装着の純正用品として、2021年3月1日に発売しました。

病院や福祉施設、観光での送迎などで乗客や運転手の飛沫感染リスクを低減

 トヨタは2021年3月1日、送迎車としてニーズの高い「ハイエース」を対象とした「飛沫感染対策セパレータ」を販売店装着の純正用品として発売しました。

 トヨタはコロナ禍のなか、「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、医療用防護ガウンの生産性向上支援、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の市販化などを推進し、飛沫循環抑制車両の提供にも取り組んできました。

 そして今回発売された飛沫感染対策セパレータは、飛沫循環抑制車両提供の活動を知った多くのユーザーからの、送迎で使用するハイエースにも装着可能なセパレータがすぐ欲しいとの声を受け検討を進めてきたものだといいます。

 いち早く商品化しユーザーに届けられるよう「ルームセパレータカーテン」をベースとした試作品を医療や福祉の現場に持ち込み、使い勝手などの現場のニーズを聞きながら徹底して改善が重ねられました。

 洗浄なども考えて脱着可能とし、車内の状況を把握しやすいように透明なビニール素材を全面に採用。

 また、前後席のどちらからでもファスナーでセパレータを開閉可能とするなど、誰もが使いやすく、購入しやすい純正用品として誕生しました。

 これらの取り組みは、人々が幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組みのひとつで、トヨタは引き続き、世の中に広く「安全・安心」を届けるために、モノづくりで社会に貢献していくとしています。

 飛沫感染対策セパレータの価格(消費税込)は、2万7500円です。