ヘッドライトはクルマの第一印象を決める重要なパーツです。しかし、長年乗っていると透明だったヘッドライトが徐々に黄ばんできてしまいます。なぜ、透明だったヘッドライトが変色するのでしょうか。

ヘッドライトの黄ばみの原因は何?

 クルマのボディは、空気中や雨などの気候が変わることで泥や汚れがつきます。
 
 一方でヘッドライト部分は時間が経過するにつれ徐々に黄ばんでいきますが、黄ばんでしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 クルマは日常的に利用することで日を増すごとに汚れはどうしてもついてしまうものですが、ボディ部分であれば洗車を定期におこなえば、ある程度の綺麗さを保つことが可能です。

 一方で、ヘッドライト部分は時間が経過するにつれ徐々に黄ばんでいき、この黄ばみは通常の洗車で簡単には落ちません。

 このようなヘッドライトの黄ばみはなにが原因なのでしょうか。

 最近のヘッドライトカバーには「ポリカーボネート」という樹脂が使われています。

 この樹脂は紫外線や傷にとても弱い素材となっており、外側からの浴びせられる熱やライトそのものの内側からの熱も影響し、くすみに加え日々の汚れが蓄積することで、日を重ねるにつれヘッドライトが悪化していきます。

 また、ヘッドライトカバーには保護するためのコーティングがされていますが、経年劣化やさまざまなダメージによって痛み剥がれていき、走行中の飛び石や日常的に起きてしまう微細な砂やホコリによる摩擦、雨風、洗車も影響し、表面に少しずつ細かい傷がついていき、その隙間に汚れが付着します。

 このように、素材の特性によるものやコーティング機能が弱まることで、黄ばみが進行していくのです。

 この黄ばみをそのまま放置してしまうと、車検時に不合格となる可能性があります。

 2015年9月以降にヘッドライトの検査基準が改定されました。従来のヘッドライト検査ではハイビームでおこなわれていたところ、改定後からロービームでの判断となり、合格の基準が厳しくなったのです。

 また、光量が落ちることで走行中の安全レベルも低くなってしまうため、ヘッドライトの黄ばみは落としておくことを心がける必要があります。

 ヘッドライトの黄ばみについて、カー用品店のスタッフは以下のように話します。

「どれだけクルマを綺麗にしていても、ヘッドライトだけはくすんだままというクルマもよく見かけます。

 車検のヘッドライト基準も厳しくなったので、ヘッドライトのメンテナンスは日々心がけると良いでしょう。

 最近ではカー用品店に洗浄剤が売っているので自分で落とすこともできます」

ヘッドライトの黄ばみを防ぐには?

 ヘッドライトの黄ばみに気づいたらできるだけ早くメンテナンスをおこなことが大切ですが、ヘッドライトカバー単体では交換ができません。

 これは、内部に水が入って故障したり、曇ったりしないように、ランプカバーとボディをしっかりと密着させており、一度接着させたら二度と剥がれない、強力な接着剤を使っていることが理由に挙げられます。

 どうしても交換が必要な場合はユニットごとの交換となってしまうため、なるべく綺麗に保つためには適切な手入れが必要となります。

 ヘッドライトカバーのくすみは、市販のカーボディーシャンプー程度の洗浄能力では落としきれない汚れです。

 だからといってゴシゴシとカバーを磨いてしまうと、コーティングを傷つけて逆効果になってしまいます。

 そのため、自身で正しい手入れ方法を知り、ヘッドライト部分を傷つけないようにメンテナンスをおこなう必要があります。

 適切な手入れの方法としては、まず表面についた汚れやホコリを水で流します。

 次に、専用のクリーナー(研磨剤)で表面を丁寧にキレイに磨いていきます。その際傷がつきにくい耐水ペーパーやマイクロファイバータオルを使いましょう。

 最後に、仕上げ用のコーティング剤を使い表面に保護加工をします。この仕上げのコーティングをおこなうことで、傷や汚れを防ぎクリアな状態を長持ちさせることができます。

 こういった黄ばみは放置しておく時間が長い程、汚れが落ちづらくなります。このような場合にはどうすればいいのでしょうか。前出のカー用品店のスタッフは次のように説明しています。

「長年放置した黄ばみを落とすのは、初心者ではなかなか大変です。

 通常の洗車でも汚れが落ちない部分なので、車検の前だけでも板金屋など、専門の業者さんによる施工をおすすめします。

 ヘッドライトカバーの汚れを落とすための専用の機械を持っているところもありますし、しっかりコーティングもしてくれます」

※ ※ ※

 どんなにボディを綺麗にメンテナンスしていても、ヘッドライトが黄ばんでいると古めかしい印象になります。そうならないためにも、定期的にヘッドライトのメンテナンスはしておくのも良いのかもしれません。