独ポルシェAGは2021年3月19日、2020年における決算を発表した。

2020年、ポルシェのベストセラーモデルはSUVの「カイエン」

 独ポルシェAGは2021年3月19日、2020年における決算を発表した。

 それによると、2020年の生産台数は新型コロナウイルス感染拡大による6週間という生産停止があったにもかかわらず、過去最高だった前年2019年実績のわずか3%減の27万2000台超という数字を達成した。

 また売上高は過去最高となる287億ユーロ(日本円で約3兆7145億円)、営業利益は44億ユーロで前年を上回った。

 ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ氏は「2020年は困難な環境にもかかわらず、ポルシェにとって成功の都市となりました」とコメントする。「それには4つの理由があります。ひとつは魅力的な製品ラインナップ、そして説得力のある電動モデル、またブランドの革新力、最後に危機管理への断固とした取り組みです」

 またポルシェAGの財務およびIT担当取締役会副会長、ルッツ・メシュケ氏は「私たちは多くの困難にもかかわらず、戦略目標の範囲内となる14.6%の営業利敵率を達成しました」と語る。

 メシュケ氏によると、このような数字を達成したのは、迅速に確立された費用。流動性管理システムだという。「今回の危機における私たちの最優先順位は、流動性でした。必ずしも必要でないと思われるすべての費用を削減しなければなりませんでした」

 また「ただし、将来のテーマに関することは、まったく切り詰めませんでした。それはデジタル化、電動化についてです。これらの分野で節約を試みると、たちどころに競争力を失うことになります。私たちは自らの事業をまもったことにより、この危機が終われば再び全速力で前進することができます」ともコメントしている。

 ポルシェのラインナップのなかでもっとも需要が高かったモデルは「カイエン」で、全世界で9万2860台を販売した。またポルシェ初のフル電動スポーツカーである「タイカン」は、2万15台が販売されたという。

 市場別に見ると、ポルシェにとって最大のマーケットは中国市場で、前年比3%増となる8万8968台を販売した。欧州市場は8万892台、アメリカ大陸(北米/南米)では6万9629台、アジア太平洋地域/中東/アフリカは8万8968台となっている。

* * *

 ポルシェAGは、2030年にクライメート・ニュートラル(気候中立)の達成を目指すという。

 ブルーメ氏は「2030年までにバリューチェーン全体を通じてカーボンニュートラル(炭素中立)を実現したいと考えています。ツッフェンハウゼン、ヴァイザッハ、ライプツィヒなどすべての拠点では、2021年からカーボンニュートラルになっています。これからの10年にわたる脱炭素化のために10億ユーロ以上が割り当てられています。我々はすでに最初の節目に到達しました。2021年3月に世界初公開を飾った『タイカン・クロスツーリスモ』は、使用段階を通じてカーボンニュートラルとなる初めてのポルシェモデルです」とコメントしている。

 2020年に欧州で販売されたすべてのポルシェモデルの3分の1が、完全、または部分的に電動化されていた。世界全体での電動化率は17%なので、それよりも大幅に電動化が進んでいることになる。2025年に新車で販売される全ポルシェモデルの半数は、電気モーターを備えており、また2030年には新車の80%以上が電動化されていると予測している。