独ポルシェAGは2021年3月23日、2020年に発売したポルシェ初の量産EV「タイカン」のための無料ソフトウェアアップデートをおこなうことを発表した。

アップデートでタイカンターボSは0−200km/h加速が0.2秒速い9.6秒に

 独ポルシェAGは2021年3月23日、2020年に発売したポルシェ初の量産EV「タイカン」のための無料ソフトウェアアップデートをおこなうことを発表した。

 タイカンは2020年春に欧州で発売、同年9月には2021年モデルに更新されている。今回の無料ソフトウェアアップデートは、2020年モデルのタイカンを購入したユーザーも、2021年モデルに搭載された最新の機能の恩恵を受けることができるということだ。

 ポルシェはこのアップデートを世界中で無料で利用できるようにしている。これにはドライビングダイナミクスの改善、インテリジェント充電機能、ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)システムの追加機能、およびポルシェコネクト機能が含まれる。

 アダプティブエアサスペンションを搭載したグレードのアップデートでは、新機能のスマートリフトが含まれている。これにより、道路のコブやガレージなど、特定の場所で車高を自動的に上がるように設定することができるようになった。

 もうひとつのアップデートは最適化されたシャシコントロールだ。スリップコントロールが改善され、加速力が向上する。タイカンターボSの場合、ローンチコントロールと合わせると0−200km/h加速はわずか9.6秒で、従来よりも0.2秒速くなるという。

 充電プランナー機能も拡張、目的地に到達するための充電レベルを設定できるようになった。これは目的地までのルートガイダンスを使っているときの充電中、残りのルートに必要な充電レベルに達したときに、ドライバーはアプリで通知を受け取ることができるシステム。

 このバッテリー節約充電機能により、必要に応じて充電容量を最大270kWから200kWに減らすことができる。その結果、充電中のバッテリー温度が低くなり、効率的な充電プロセスが可能になっている。

 ナビシステムも小変更。地図上に直接オンライン情報を表示することや、車線レベルの精度で交通情報を表示することが可能になった。さらにエンターテインメントに関しては、Apple IDをタイカンに設定するとビデオストリーミングを含むApple PodcastsおよびApple Musicの歌詞機能を使用できるようになった。

 またワイヤレスApple CarPlayに対応。iPhoneアプリがワイヤレス接続を介してポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)システムを利用できるようになっている。

 このアップデートには、多数のコントロールユニットの重要なソフトウェア最適化も含まれている。つまり、トランスミッションを調整し、完了時にドライブコンポーネントを調整する必要があるため、アップデートはポルシェセンターでおこなうことになる。