北米スバルは、クロスオーバーSUV「アウトバック」に、タフなデザインや装備を追加した新バージョンとして「ウィルダネス」を発表しました。

アウトバックに新設定された「ウィルダネス」ってどんなモデル?

 スバルの北米部門は、「アウトバック」の新バージョンとして「Wilderness(ウィルダネス)」を2021年3月30日(現地時間)に発表しました。

 アウトバックは、乗用車とSUVを融合させたスバルのフラッグシップクロスオーバーSUVです。

 2019年にフルモデルチェンジして北米市場に導入された現行モデルは、歴代モデルを通じて磨き続けてきた、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といったクルマとしての本質的価値に、最新の技術を組み合わせることで個性的なクロスオーバーSUVとして進化しました。

 今回初公開された「アウトバック ウィルダネス」は、アウトバックの本質的な価値はそのままに、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけてアウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化。3500ポンド(約1.5トン)のけん引能力を備えました。

 パワーユニットは、260hp(約263仏馬力)を発揮する2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンを標準装備。組み合わせるリニアトロニックCVTは、標準モデルに対し極低速時のトラクション性能を強化しました。

 また、高剛性ボディにバンプストローク量の大きい専用サスペンションを組み合わせることで、日常使用での快適性を維持しつつ、未舗装路での衝撃吸収や路面追従性も向上。

 さらに、ヨコハマ ジーランダー オールテレーンタイヤを装着し、泥道や砂利道、登坂路などでの走破性を強化しました。

 マットブラック仕上げの専用17インチアルミホイールに装着されたこのタイヤには、初代アウトバックへのオマージュとして、盛り上がった白い文字が刻まれています。

 なお、標準装備のフルサイズタイヤは、カーゴエリアの下に収納されており、トレイルでの安心感を高めました。

 最低地上高は、標準モデルの8.7インチ(220mm)から9.5インチ(240mm)まで高め、路面との接触に対する安心感が向上。

 アプローチアングルは18.6度から20.0度へ、ランプブレークオーバーアングルは19.4度から21.2度へ、デパーチャーアングルは21.7度から23.6度へと大きく変化しました。

 加えて、悪路走破性を向上させる「X-MODE」も、DEEP SNOW/MUDモードの対応速度域を広げ、実用性を向上させています。

 高い機能性は内外装デザインにも表れており、外観では新型のフロントおよびリアバンパー、大胆な六角形のフロントグリル、大型化されたホイールアーチクラッディング、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプ、マットブラック仕上げのアンチグレアフードデカールなどの専用スタイリングを採用。

 随所にあしらわれた数々のウィルダネス専用アイテムは、アクティブな気持ちを呼び起こすとともに、車体を保護する役割も兼ね備えています。

 ウィンドウトリムやエクステリアバッジはブラック仕上げとし、フロントフェンダーやリアゲートにはウィルダネス バッジを配しました。

 また、積載力を向上させたルーフレールや、左右両方に装着したけん引フックなど、アクティブシーンでの実用性を高める専用装備も採用。

 これらの機能性を併せ持つ部分には、アナダイズドイエローのアクセントカラーを配置しています。

 内装もイエローをアクセントとし、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネート。

 防水性を備えたシート表皮を後席シートバックなども採用し、アウトドアでも気兼ねなく使える機能性を実現しています。

※ ※ ※

 スバルは2018年発表の中期経営ビジョン「STEP」で、SUVラインアップの強化を掲げています。

 最大市場である北米においては、2018年以降に3列SUV「アセント」やプラグインハイブリッド車の「クロストレック ハイブリッド」(日本の「XV」に相当)を新たに発売していますが、さらにアウトバック ウィルダネスを追加することで、SUVバリエーションのさらなる拡充を図るとしています。

 アウトバック ウィルダネスは、北米で2021年後半に発売される予定です。

 なお、北米スバルのフェイスブックでは、「The first of our Wilderness family. (ウィルダネスファミリーの最初のモデル)」と投稿されており、アウトバックだけでなく、ほかのスバルSUVに展開されることを示唆しています。