電動化が進むなかで、電気自動車(EV)を自動車メーカー各社が相次いで投入しています。そのなかで、フロント部分にグリルを採用しない(目立たせない)デザインが増えてきました。通称「グリルレス」というトレンドはなぜ世界的に流行りつつあるのでしょうか。

なぜEVはグリルレスが流行っているのか

 クルマの第一印象を決める重要な要素として、フロントデザイン(フロントフェイス)が挙げられます。
 
 そのフロントデザインのトレンドが最近変わりつつあるといいますが、どのような影響があるのでしょうか。

 一般的なクルマでは、フロント部分にはグリルという開口部が設けられています。

 グリルの主な機能として、ラジエーターやエンジンルームに外気を取り込むことで冷却する役割を持っています。

 また、前述のようにクルマの第一印象を決めるフロントデザインの大半を占めるといえるグリルも、当然デザイン性を考慮した形状が採用されています。

 こうしたことから、グリルは機能性とデザイン性を両立させるためカーデザイナーはデザインの肝として考えていました。

 しかし、昨今の電動化の流れにおいて注目される電気自動車(EV)には、エンジンやそれを冷やすためのラジエーターは必要無くなります。

 同時にフロントデザインにおいてもあえて開口部となるグリルを配置しなくてもよくなるのです。

 そのため、市販EVが相次いで登場する中国市場においては、「グリルレス」というデザインがトレンドとなりつつあります。

 また、日本市場でもグリルレスに向けたデザインを取り入れているモデルも存在。

 2021年4月に発売されるホンダの新型「ヴェゼル」は、ガソリン車とハイブリッド車を設定していますが、グリル部分を同色にすることで、グリルの存在感を消しています。

 EVであれば前述のようにグリルレスの動きがありますが、なぜガソリン車/ハイブリッド車の新型ヴェゼルにおいて、グリルの存在感を消しているのでしょうか。

 新型ヴェゼルの開発担当者は次のように説明しています。

「新型ヴェゼルのフロントフェイスは、枠の無い同色のグリルを採用しました。

 電気自動車などはグリルレスがトレンドですが、そのままだとシンプルすぎるため主張が少なくなります。

 逆に、流行りのメッキ加飾などでギラギラしたものだと主張が強くなりすぎてしまい、新型ヴェゼルではクルマに一体化したものにしたく、色々とスケッチをしたなかで同色グリルになりました。

 同色グリルにした理由は、これから電動車が主流になることもあり、新型ヴェゼルはハイブリッド車(e:HEV)が主力となるため、電動車化の入り口的な表現も含めたデザインとして採用しました」

※ ※ ※

 世界的なEVメーカーとしてテスラが有名ですが、テスラのラインナップでもグリルレス(ロアグリルは存在)のようなデザインを採用しています。

 このように電動化が加速するなかで、グリルレスのフロントデザインが世界的なトレンドとなっているようです。

なぜトヨタは大型グリルを採用する?

 今後のデザイントレンドとして、グリルレスに関心があつまっていますが、トヨタではグローバル市場で販売するモデルの多くに大きな開口部を持つグリルを採用しています。

 とくに、セダンの「アバロン」や「カムリ」などではフロント部分のほとんどをグリルが占めています。

 また、レクサスでは現在のモデルで「スピンドルグリル」というブランドを象徴するアイコンを採用するなど、強い個性を持つグリルが多いです。

 一方で、EVと同じくエンジンを搭載していないのが燃料電池車(FCV)です。トヨタでは「ミライ」が発売されていますが、初代、2代目と共にグリルを主張したデザインとなっています。

 初代はフロント左右とロアグリル、2代目は大きな台形型を採用していますが、なぜFVのミライではグリルを主張しているのでしょうか。

 ミライを販売しているトヨタの販売店スタッフは次のように説明します。

「FCVは、『FCスタック』という空気を取り入れて水を排出するシステムを搭載しています。

 さらにFCVには、エンジンが搭載されていないものの、FCシステム自体はエンジン同様に高温になりますが、こもった熱を排出できないため、空気で冷却することが重要なのです。そのため、大きな開口部となるグリルが採用されています」

 今後、EVが普及していくなかで、グリルレスのようなデザインを見かける機会は増えてきます。

 しかし、クルマは高速域での走行も想定されるため、その際の空気抵抗をいかに減らすことが出来るかという課題は残ります。

 そのため、フロント部分にグリルがまったく無くなると空気抵抗が大きくなることから、なんらかのグリルは存在し続けると考えられます。

 しかし、これまでのような主張が強いグリルはFCVを除いて、減っていくのかもしれません。