日産のコンパクトカー「ノート」は、2020年12月のフルモデルチェンジでハイブリッド専用車となり、ガソリン車が廃止されました。コンパクトSUVの「キックス」もガソリン車はなく、ハイブリッド車のみです。ガソリン車をなくしたことにデメリットはないのでしょうか。

新型ノートと新型キックスはハイブリッドのみで割高感が否めない!?

 2020年に発売されたコンパクトカーの日産新型「ノート」とコンパクトSUVの日産新型「キックス」は、ハイブリッドのe-POWER専用車で、従来のような走行用ガソリンエンジンは搭載されません。

 先代ノート(2代目)には、ガソリンエンジンやスーパーチャージャーを装着したグレードもありましたが、新型となる3代目はe-POWERに絞られました。

 日産のe-POWERは、ガソリンエンジンで発電し、その電力でモーターを駆動する「シリーズハイブリッド」と呼ばれる方式を採用しています。

 e-POWERのみの設定ということで、新型ノートも新型キックスも価格が上がっています。ノートでもっとも安価な「S」は202万9500円(消費税込、以下同様)、キックスの「X」は275万9900円です。

 ノートのライバル車となるトヨタ「ヤリス」は、法人向けに設定された価格のもっとも安いガソリンエンジンの「X・Bパッケージ」が139万5000円です。

 キックスに対抗するトヨタ「ヤリスクロス」のX・Bパッケージも179万8000円なので、ノートとキックスはライバル車に比べて価格帯が大幅に高くなりました。

 なぜ新型ノートはe-POWERのみになり、ガソリンエンジンを廃止したのでしょうか。

 新型ノートの開発者に尋ねると、以下のような返答でした。

「ノートの場合、先代モデルでもe-POWERが約75%を占めていました。そこで新型はe-POWERのみの設定にしています。選択と集中の考え方で効率化を図った事情もあります。

 また新型ノートは内装の質を先代モデルに比べて大幅に高めましたが、これは価格が200万円を超えるe-POWERのみだから可能になりました。

 150万円前後のガソリンエンジン車を用意すると、(コストとの兼ね合いで)あそこまで上質な内装にはできません。2種類のインパネを用意する必要があったでしょう」

 ガソリンエンジン車も用意すれば、当然に開発コストが上がります。そうなると内装の質を高く保ったまま価格を抑えることも難しくなります。

 先代モデルもe-POWER比率が多かったことから、新型ノートはe-POWER専用車になったというわけです。

 またキックスは、タイで生産される輸入車です。受注を簡素化する必要があり、e-POWERに限定した事情もあります。

 キックスのグレードはXと「Xツートーンインテリアエディション」のみで、セットオプションも2種類しか選べません。

 ノートやキックスでガソリンエンジン車を選べない理由は、開発、生産、受注など、さまざまな効率を高めるためですが、その代わりグレードなどの選択肢が限られ、価格帯も高くなりました。

 開発者は、「先代ノートは約75%がe-POWERでした」とコメントしていますが、見方を変えると残りの25%はガソリンエンジン車だったということです。

 新型ノートの販売が本格的に開始された2021年1月と2月の登録台数を平均すると約7400台になります。

 ヤリス(GRヤリスとヤリスクロスを除く)の登録台数は約9070台なので、新型ノートは1670台ほど少ないです。

 しかし仮に新型ノートにガソリンエンジン車が用意され、その販売比率が25%を占めれば、販売総数は9900台前後に増えていた可能性もあるでしょう。

価格の面で法人需要に応えられないと他社に顧客が流出する可能性も

 さらに、ノートのようなコンパクトカーは、価格の安さを重視する法人の需要も多く、まとまった台数を定期的に乗り替える手堅い顧客でもあります。

 しかも新型ノートがe-POWERのみになって価格が高くなり、法人の予算に合わなくなりヤリスに乗り替えられると、その法人が使っている日産「NV350キャラバン」や「NV150AD」までトヨタ「ハイエース」や「プロボックス」に切り替わる可能性があります。

 トヨタのセールスマンが積極的なら、ヤリスへの乗り替えで生じた新しいつながりを生かし、その法人が使うほかの車両も自社製品に変えてもらおうと売り込むでしょう。

 いい換えると自社の顧客は、なるべく他社とは接触させず囲い込みたいということです。

 そこで、例えば軽自動車の事業から撤退したマツダやスバルなども、それまでと同じようなモデルのOEM車を導入しています。

 軽自動車のOEM車を売ってもほとんど儲かりませんが、商品ラインナップの穴を塞ぎ、顧客が他社へ流出するのを防ぐわけです。

 その意味では、新型ノートでガソリンエンジン車を廃止したことは、ほかの日産車の売れ行きにも影響を与える可能性があるといえます。

 新型ノートにはないガソリンエンジン車の穴を埋められる車種に「マーチ」があります。以前は衝突被害軽減ブレーキなどを装着していませんでしたが、2020年7月の改良で採用されました。実用装備を充実させた「X・Vセレクション」の価格は148万5000円です。

 マーチの売れ行きを見ると、安全装備を充実させる前に比べて少し上向きましたが、それでも2021年1月と2月の平均は約880台です。この販売規模ではノートのガソリンエンジン車の代わりにはなりません。

 現行マーチは2010年の発売で設計が古く、発売直後には1か月平均で約3300台登録されましたが、いまは大幅に減りました。

 これでは先代ノートのガソリンエンジン車を使う人達は、乗り替える車種がなくて困っているのではないでしょうか。

 ノートやキックスがe-POWER専用車になった事情も含めて、販売店に尋ねると、以下のような返答でした。

「いまの日産はe-POWERをブランドイメージの柱にしているので、ノートやキックスのグレード構成もe-POWERのみです。その代わり価格も高くなりました。

 とくにノートは、安価なグレードを求めるお客さまも多く、そこで『デイズ』と『ルークス』を推奨しています。軽自動車ですが車内は広く、安全装備も先進的です。運転支援機能の『プロパイロット』も選べます。

 マーチも改良により安全装備を充実させましたが、プロパイロットなどは、デイズやルークスのほうが先進的です。車内も広く、デイズの価格はマーチと同程度なので、従来型のノートも含めて幅広いお客さまに推奨しています」

 最近は軽自動車の人気が従来以上に高まり、2020年に国内で販売された日産車のうち、軽自動車が43%を占めました。

 そのために低価格帯は軽自動車に任せる考え方もありますが、上級車種のルークスでも、価格帯の上限は約170万円です。

 ノートの売れ筋になる「S」は218万6800円で、これにプロパイロットを含めたセットオプション(42万200円)とLEDヘッドランプのセットオプション(9万9000円)を加えると、総額は270万6000円に達します。

 キックスXも、プロパイロットやLEDヘッドランプを標準装着して275万9900円です。

 こうなるといまの日産のラインナップでは、170万円から220万円という日本車の中心的な価格帯が抜けています。

 今後の展開として、少なくともノートのガソリンエンジン車は、150万円から180万円で設定する必要があるでしょう。

 マーチを直近にフルモデルチェンジするなら話も変わりますが、いまの日産の動向を考えると期待しにくいです。

 さらにキックスのガソリンエンジン車も190万円から240万円で設定すれば、ラインナップが整います。

 SUVタイプの電気自動車「アリア」のように、イメージリーダーになり得る車種も大切ですが、お求めやすい価格で手に入るノートやキックスのガソリンエンジン車は欠かせません。

 今後これらのグレード構成を充実させると、日産の快進撃が始まると思います。