スバルが2021年夏に発売する新型「BRZ」は、9年ぶりの全面刷新でどう進化したのでしょうか。初代モデルと比較していきます。

2021年夏登場! 新型BRZの特徴とは?

 スバルは2021年4月5日に2代目となる新型「BRZ」の国内仕様を初公開しました。同日に世界初公開されたトヨタ新型「86」の共同開発車という位置づけは初代BRZから変更ありませんが、9年ぶりの全面刷新でどのように生まれ変わるのでしょうか。初代モデルと新型モデルの2台を比較します。

 新型BRZは、北米仕様が2020年11月18日に発売されており、このときは2021年秋に北米で発売されることがアナウンスされていました。

 今回スバルは国内仕様を発表するとともに、日本での発売は2021年夏を予定していると発表。北米より先に導入されることになります。

 新型BRZのボディサイズは全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm(以下、新型BRZの諸元はすべて開発目標値)で、初代BRZのボディサイズは全長4240mm×全幅1780mm×全高1320mmなので、ほぼ変化なしといえるでしょう。

 外観を比較すると、初代BRZでも採用されたヘキサゴン(六角形)グリルが新型BRZにも継承されている点が特徴といえるものの、デザインの刷新に伴いより低く、よりワイドにグリルが設置されたことによって低重心さを強調。

 また、初代BRZとはヘッドライトやテールランプの形が大きく変わっているほか、ボディサイドにエアアウトレットが追加され、フロントフェンダー部のガーニッシュは廃止。

 ボディ一体型のダックテールスポイラーも特徴的で、新型BRZのリアビューを引き締めます。

 内装も水平基調のデザインに刷新されていますが、注目されるのは近年の新型車でよく見られるメーターのデジタル化が進んだ点です。

 初代BRZでは、左に260km/hまで刻まれたスピードメーター、中央にタコメーター、右に4.2インチマルチインフォメーションディスプレイという構成のアナログメーターでした。

 一方新型BRZでは7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを装備。必要な情報がわかりやすく表示され、あらゆる状況下で直感的に情報をドライバーに提供。

 令和の時代に発売される新型車にふさわしい先進性も兼ね備えています。

BRZとしてはじめて搭載される安全装備とは?

 新型BRZに搭載されるエンジンは、2.4リッター水平対向4気筒エンジンです。最高出力は235馬力、最大トルクは250Nmを発揮します。

 一方、初代BRZに搭載されるエンジンは2リッター水平対向4気筒エンジン。最高出力207馬力・最大トルク212Nm(ともに6速MT車)と比べて、新型BRZは動力性能が向上。0-100km/L加速は7.4秒から6.3秒に短縮されています。

 エンジンにトヨタの直噴技術「D-4S」が用いられている点や、トランスミッションに6速MTあるいは6速ATが組み合わされる点は、初代BRZと変わりません。

 なお新型BRZでは、次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」の開発から得たノウハウを取り入れ、さらにインナーフレーム構造や構造用接着剤などの採用によりボディを再構築。

 初代BRZに対しフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%と大幅に向上しているほか、ボディ外板にアルミを積極的に取り入れることで低重心化を実現しています。

 最後に新型BRZに搭載される運転支援システムについて見ると、スバルの安全運転支援システム「アイサイト」がBRZとして初めて搭載されます。

 対象はAT車のみとなるものの、全車速追従機能付クルーズコントロールやプリクラッシュブレーキやなどの各種安全装備が、安全快適なドライブをサポートします。

 なお、ほかのスバル車でアイサイトを搭載するモデルは、全車が電動パーキングブレーキを採用しています。

 新型BRZは、初代モデルと同様に、AT/MTともに手引き式のサイドブレーキを採用していることから、AT車のアイサイトの機能が限定される可能性もあるようです。

 また、高張力鋼板の採用拡大によるボディ強化や、各種エアバッグをはじめとする乗員保護システムの強化によって、衝突安全性能も向上しました。

※ ※ ※

 共同開発されたトヨタの新型86は2021年秋の発売を予定しているということで、新型BRZの方が一足はやく発売されることになります。

 2021年4月時点で価格や一部の諸元が公開されていないことから、2021年夏の発売時にどんな仕様で新型BRZが登場するのか、いまから注目です。