トヨタとスバルが共同で開発した2代目となる新型「GR86」と新型「BRZ」ですが、SNSでアンケートを実施した結果、「購入意欲」について驚きの回答がありました。

新型GR86と新型BRZの購入意欲で驚きの結果が…

 2021年4月5日、トヨタはGRブランドの第三弾として新型「GR86」を世界初公開。スバルは新型「BRZ(日本仕様)」を初公開しました。
 
 Twitterなどで関連ワードがトレンド入りするなど大きな注目が集まりましたが、ユーザーは新型GR86と新型BRZのどちらが好みなのでしょうか。

 新型GR86と新型BRZのボディサイズ(開発目標値)は共通となり、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm。ホイールベース2575mm、車両重量1270kg(6速MT車)と公表されています。

 パワートレインも共通で、スバルの2.4リッター水平対向4気筒エンジンにトヨタの筒内直接+ポート燃料噴射装置(TOYOTA D-4S)を組み合わせた仕様です。

 デザインやスタイルにおいても、基本的には共通していますが、フロントデザインが両車で異なっています。

 今回、くるまのニュースでは「トヨタ新型GR86・スバル新型BRZのアンケート」を実施。

 そのなかで「新型GR86と新型BRZではどちらが好みですか?」という質問では、新型GR86(45.2%)と新型BRZ(54.8%)と僅差で新型BRZを選ぶ人が上回りました。

 また、両車に期待したい部分という質問でもっとも多かったのは「超低重心のFRパッケージ(59.7%)」となり、続いて「2.4リッターエンジンによるパワフルな走行性能(50%)」、「進化したハンドリング性能(48.4%)」と、スポーツカーとしての走りの部分に関するものが多かったです。

 では、実際に新型GR86と新型BRZに関心があるユーザーは両車の購入に関してどのように考えているのでしょうか。

 それぞれの発売時期は、新型GR86が2021年秋、新型BRZが2021年夏を予定しており、価格は現時点で公表されていません。

 そうしたなかで、購入意欲に関する質問においては「どちらも購入したいと思わない(54.8%)」が半数を占める結果となりました。

 なお、残りの半数の結果は「新型GR86を購入したい(24.8%)」、「新型BRZを購入したい(21%)」となっています。

 今回のような特定車種のアンケートの場合、比較的に購入意欲が高いユーザーが回答する傾向がありますが、新型GR86と新型BRZでは意外な回答結果となりました。

 今後、それぞれのグレードや価格が明らかになりますが、その際には「どちらかを購入したい」という回答が増えるのかが、気になる部分です。