三菱のインドネシア法人が新型「パジェロスポーツ」向けに用意する、ワイルドさを強調させるエアロパーツとは、どのようなものなのでしょうか。

「PAJERO SPORT」のフードエンブレムを設定

 三菱のインドネシア法人が新型「パジェロスポーツ」を同国市場で2021年2月16日に発売しましたが、そのパジェロスポーツをより迫力あるスタイリングにするエアロパーツが、公式ウェブサイト上で公開されています。

 装着することで、新型パジェロスポーツはどんな外観になるのでしょうか。

 三菱のインドネシア法人が2021年3月24日にプレスサイトにアップした情報では、フロントフェイスの印象を変えるアイテムとして「PAJERO SPORT」のフードエンブレムやフロントエアダムの設定があるといい、三菱車共通デザイン「ダイナミックシールド」による迫力ある顔つきがさらに印象的なものになっています。

 また、ボディサイド用のパーツとしては、サイドウィンドウデフレクター(ドアバイザー)や、RV感を高めるサイドステップガーニッシュを用意。

 リア用のパーツには、リアエアダムやエキゾーストフィニッシャーの設定があります。

 各パーツは個別でも購入可能ですが、セットで購入することも可能。

 サイドウィンドウデフレクター・エキゾーストフィニッシャー・フードエンブレムが含まれるベーシックパッケージは245万ルピア(日本円換算で約1万8000円)、フロントエアダム・リアエアダム・サイドステップガーニッシュエアロパッケージは2350万ルピア(約17万6000円)、エアロパッケージにベーシックパッケージと同等の装備が加わるエアロプラスパッケージは2510万ルピア(約18万8000円)です。

※ ※ ※

 新型パジェロスポーツはミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県)で生産されるSUVです。

「パジェロ」で培ったオフロード性能と信頼性・耐久性を継承しながら、快適性・機能性を兼ね備えたSUVとしてラインナップされており、現行型となる3代目モデルの世界累計販売台数は2021年1月までに34万8000台に達し、インドネシアでの累計販売台数は約8万9000台を記録しています。

 インドネシア市場での車両価格は、5億1780万ルピア(約387万4000円)からの設定です。