キャデラック初となるコンパクトSUV「XT4」を、昼下がりの都心で試乗。本当に日本の道路事情にマッチしたサイズなのかを、モータージャーナリスト山崎元裕氏がジャッジする。

キャデラック初となるコンパクトSUV

 キャデラックのSUVシリーズに、もっともコンパクトなモデルとなる「XT4」が加わった。これでキャデラックは、フルサイズSUVの「エスカレード」を頂点に、「XT6」、「XT5」、そしてXT4というラインナップを完成させたわけだが、日本での使い勝手を考えると、全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mm、ホイールベース2775mmというXT4の使い勝手は魅力的なものと想像できる。

●若いカスタマーにアプローチするための「XT4」

 ちなみに強力なライバルとなるだろうレクサス「NX」のスリーサイズは、全長4640mm×全幅1845mm×全高1645mm、ホイールベース2600mmとほぼXT4のそれに近い。

 アメリカ車は大きく使い勝手が悪いという時代は、もはやこのXT4では完全に終わりを告げているのだ。

 エクステリア・デザインも、かつてのように前衛的で骨太、かつ楽観的というコンセプトは薄まり、幅広いカスタマーに支持される造形になった。

 フロントマスクは横長のフリルと、縦長のデイライトを組み合わせた、いわば現在のキャデラックのフェイス。それを大きく崩さずに、キャデラック・ファミリーの一員であることを主張しているのは、やはりキャデラックというブランドをライバルのなかからチョイスするカスタマーには嬉しいところだろう。

 テールランプも、このデイライトに呼応するように縦長のデザインとなり、ハッチバックも十分な開口面積を持つ。

 日本仕様として導入されるXT4は、「スポーツ」、「プラチナム」、そして「プレミアム」の3グレードの展開でハンドル位置は左のみとなる。

 今回試乗したのは「スポーツ」で、車両価格(消費税込)は中間に位置する640万円である。

日本の道路事情にあったベストサイズなSUV

 試乗した「スポーツ」とトップグレードの「プラチナム」を、外観を見ただけですぐに識別できるのは、アルミホイールが同じ20インチながらデザインが異なるものを採用した点だろう。

●ベストバイ・グレードは「スポーツ」

 ただし「スポーツ」だけの装備として、可変式ダンパーの「リアルタイム・ダンピング・サスペンション」やレッド・ブレーキキャリパーの装備などが用意されており、「スポーツ」の名に恥じない装備がバランス良く与えられていることは好感が持てる。

 また、コスト・パフォーマンスを考えても、ベーシックグレードのプレミアムの70万円高、トップグレードのプラチナムから30万円安という設定であるから、このスポーツはベストバイだ。

 走りも期待を大きく上回っていた。わずか1997ccの直列4気筒ターボエンジンは、最高出力230ps・最大トルク350Nmであるが、高速域での力強さには、わずか1500rpmで発揮される最大トルクの恩恵で何の不満も感じなかった。

 ノイズや振動の処理も巧みで、ハイグレードな国産SUVのような快適さがクルージング中のXT4の車内を包み込む。もちろん高速道路上での直進安定性も十分に満足できるレベル。全車速追従機能を持つアダプティブ・クルーズ・コントロールも装備されているので、長距離の走行にはとりわけその機能は便利に感じるだろう。

 SUVとしての性能も、もちろん魅力的だ。ラゲッジルーム容量は通常時で637リッター。これを使いこなすだけでもなかなか大変な話だが、シートを収納すればさらに最大で1385リッターにまで拡大できる。

 キャデラックXT4は、アメリカ本国のみならず日本、そして世界を視野に開発されたグローバル戦略を担うコンパクトSUVなのだろう。XT4で都内の一般道を気持ちよく流していると、その第一印象が確信へと変わっていった。

●CADILLAC XT4 Sport
キャデラックXT4スポーツ
・車両価格(消費税込):640万円
・全長:4605mm
・全幅:1875mm
・全高:1625mm
・ホイールベース:2775mm
・車両重量:1760kg
・エンジン形式:直列4気筒直噴ターボ
・排気量:1997cc
・エンジン配置:フロント横置き
・駆動方式:4輪駆動
・変速機:9速AT
・最高出力:230ps/5000rpm
・最大トルク:350Nm/1500−4000rpm
・ラゲッジ容量:637L−1385L
・燃料タンク容量:61L
・サスペンション:(前)マクファーソン式、(後)マルチリンク式
・ブレーキ:(前)ディスク、(後)ディスク
・タイヤ:(前)245/45R20、(後)245/45R20