2022年3月をもって生産終了となることが発表されたホンダの軽スポーツカー「S660」。しかし、生産終了の発表からわずか20日で完売となりました、中古車市場の動向など気になるS660を取り巻く状況について解説していきます。

ホンダS660生産中止の衝撃! もう新車は買えない?

 2015年4月に登場したホンダの軽スポーツカー「S660」が2022年3月をもって生産終了となることが2021年3月12日に発表されました。
 
 それに伴い、特別仕様車「モデューロX バージョンZ」が発売となりましたが、2021年4月中旬での販売動向はどうなっているのでしょうか。

 S660は軽自動車規格ながら専用設計となるミッドシップレイアウトを採用した、本格的なオープン2シーターのスポーツカーです。

 排気量はわずか660ccながらターボによるパワフルなエンジン、ミッドシップによるキレの良いコーナリング、そして開放感あふれるオープン仕様と、S660はスポーツカーの楽しさをぎゅっと軽自動車サイズに凝縮したところが魅力となっています。

 絶対的な速さという点では、普通車のスポーツモデルには敵いませんが、コンパクトなサイズで扱いやすく、エンジンを高回転まで使い切って楽しめるところが、オーナーからは高く支持されていました。

 2015年の発売当初は、長いウェイティングリストができるほどの人気を集めたS660ですが、軽自動車としては発売当時でも高価な198万円からという設定や、2人が乗ったら荷物がほぼ積めないという特殊性もあり、多く売れるモデルとはいえません。

 そんななかホンダは、前述のとおり2021年3月12日に「2022年3月をもってS660の生産を終了する」ことと、最後の特別仕様車としてホンダアクセスのコンプリートカーブランド「Modulo」が手掛ける「Modulo X Version Z」の発売がアナウンスされました。

 S660が生産終了となる理由について、ホンダ広報部は次のように説明しています。

「S660は、2022年以降の法規制(騒音・燃費・安全など)に対応出来ないことから生産終了となり、これらを改修するコストを掛けられないという経営判断です。S660の名は消えてしまいますが『走る喜び』はほかのホンダ車が受け継いでいきます」

 しかし、発表からわずか20日余りとなる3月30日、予定していた販売台数が完売したことがわかりました。

 完売した経緯について、前出のホンダ広報部は次のように説明しています。

「2021年3月27日・28日(土・日)の時点で特別仕様車の『モデューロX バージョンZ』が完売となっていました。

 そのため、特別仕様車が売り切れてしまったことで通常仕様の『α』『β』に注文が殺到し、30日(火)の午前中に予定台数がすべて終了しました。

 S660が生産終了になるのは残念ですが、ここまでの反響があるのはありがたいことです。S660は多くの熱いファンに支えられてきたと感じています」

※ ※ ※

 なお、S660の生産終了が発表されてからの受注台数は4106台となり、 モデューロX バージョンZは2076台と半数を占めているといいます。

 今回、生産終了の発表から20日あまりでの完売にSNS上でも「早すぎる!」「買えなかった」という声が続出。今後の購入方法としては中古車市場で探すことになりますが、相場価格の高騰が予想されます。

中古車は高値安定だが、まだまだ購入は可能

 新車での購入が困難となれば、S660を購入する方法は中古車しか残されていません。

 S660の新車価格は、通常仕様が203万1700円から232万1000円、モデューロXが304万2600円から315万400円です。

 2021年4月中旬現在の中古車市場では、平均価格が約178万円となっています。

 最安値の個体では、2015年式、走行距離1.5万キロ、修復歴ありというものでも約110万からです。

 一方で、価格帯が高い個体はホンダアクセスのNeo Classic仕様やM-TECの無限仕様などが約400万円となっていました。

 ちなみに、ホンダの人気車で新車価格も近い「N-BOXカスタム」のターボ仕様の2015年から2016年式では、80万円台に下がっているのに対し、S660は初期モデルの2015年から2016年式で修復歴なしであっても100万円台後半と、値落ち率の低さは驚異的といえます。

 また、生産終了が発表された3月時点と平均価格に大きな変化はありませんが、約500台あった流通台数が約400台と減ってきているのが気がかりです。

 S660のグレードはベーシックモデルの「ベータ」と上級グレードの「アルファ」の2種類ですが、大きな価格差はありません。

 トランスミッションは、6速MTとCVTの2種類が用意されていますが、スポーツカーではとくに中古車になるとMT車のほうが人気は高く、現状でも6速MTがすでに価格は高めの傾向があり、今後はさらに差が開いていく可能性があります。

 現在であれば販売店で自社登録しただけのほぼ新車といった物件も見受けられ、また走行距離も少なく程度の良い物件を探し出すのもさほど困難ではありません。

 しかし、日産「スカイラインGT-R」やトヨタ「スープラ」といったスポーツカーは、生産終了になってから数年後に人気が高まって価格が高騰する例が見られます。

 例えば、同じホンダのスポーツモデルである「S2000」も一時期までは値下げが進み、初期型であれば120万円程度で購入できましたが、現在は予算250万円以上を確保しなければ良質な中古車を購入するのが難しい状況です。

 ちなみにホンダ「ビート」も発売からすでに30年以上が経ちましたが、程度の良い車には現在でも200万円近いプライスタグがついているため、S660も同じ道をたどることが予想できるといえるでしょう。

※ ※ ※

 今後、S660などの軽スポーツを検討しているのであれば、中古車については比較的程度のよい個体が多く、価格も落ち着いている今が買い時といえるのではないでしょうか。