高速道路の車線の幅は3.5mが基本とされていますが、3.25mや3.75mの区間も存在。さらに東名高速や名神高速は3.6mなど、少しずつ異なります。なぜなのでしょうか。

高速道路の車線の基本幅は3.5m

 高速道路は、クルマが安全かつ高速で走れるよう車線はゆったりとした幅が確保されている印象ですが、実際はどのくらいなのでしょうか。

 道路の寸法は道路構造令で決められています。地方や都市、計画交通量、道路種別などの条件でその寸法は細かく違ってきますが、このうち高速道路(高速自動車国道および自動車専用道路)の車線の幅は、基本的に3.5mとされています。

 しかしこれはあくまで「基本」です。高速道路の車線は、実際は25cm刻みで微調整されています。

 基本の3.5mより幅が25cm広い3.75mの車線は、たとえば交通量の多い片側3車線で、第二走行車線(真ん中の車線)に採用されていることがあります。

 3車線の場合、第一走行車線(左の車線)は路肩、追越車線(右の車線)は中央分離帯がそれぞれありますが、真ん中の車線は両方が車線です。

NEXCO中日本の広報担当者によると「両側の車線をクルマが走っていると圧迫感があることから、それらを軽減するため真ん中の車線だけ25cm広く設計している」と説明します。

 少し広い3.75mの車線は、前述の片側3車線の第二走行車線をはじめ、片側2車線の追越車線(右の車線)でも採用されていることがあります。

 追い越しやすいように、また、路肩のない追越車線でも圧迫感が軽減するように、少し広く設計されているのです。

 高速道路全般では、このように車線の幅の基本は3.5mですが、そもそも路線自体がこの基本から外れているケースがあります。

東名・名神は3.6m、新東名は3.75m なぜ?

 主なものとしては、日本における高速道路の黎明期に造られた東名高速と名神高速、そして最新の部類に入る新東名高速です。

 1960年代に開通した東名と名神は、車線が通常より10cm広い3.6mで設計されています。この微妙な10cmの差はなぜ生じたのでしょうか。

 東名・名神の車線の幅について、前出のNEXCO中日本の広報担当者によると、この両路線は高速道路の規格がまだしっかりと固まっていない時代に、アメリカの12フィート(3.6m)が採用されたためだといいます。

 日本で初めて高速道路が開通したのは、1963(昭和38)年7月のこと。名神の栗東ICから尼崎IC間71.7kmでした。このとき車線の幅が3.6mとされ、名神に接続する東名も3.6mになりました。

 高速道路の車線の幅はその後、メートル法をもとにした3.5mが採用されて現在に至りますが、東名・名神でも付加車線などで3.5mとしている箇所もあります。

 また、東名の東京ICから御殿場ICにかけての片側3車線は、車線によって幅が調整されていることはなく、いずれも3.6mだそうです。

 東名・名神だけ異なる3.6mの車線を、今後、ほかの路線と同じ3.5mに揃えることはないのでしょうか。

「現時点ではそのような方針はありません。車線を現行より狭めるのはドライバーの皆さまにとってメリットがなく、なにより車線を狭めることは安全面ではマイナスになるからです」(NEXCO中日本 広報担当者)

 新東名は東名より15cm広い1車線あたり3.75mで設計されています。設計速度が他路線より速い120km/hであり、安全を確保するためだといい、新名神は従来と同様、3.5m(基本)で設計されています。

 なお、都市部など一部区間では基本の3.5mより25cm狭い3.25mの車線もあります。首都高速や阪神高速といった都市高速の車線はもっぱら3.25mです。この場合、最高速度も60km/hなどに制限され、安全が確保されています。

 かつて渋滞が多発していた東名の岡崎付近や東名阪道の四日市IC付近も、渋滞緩和のため従来の片側2車線の各車線を狭めてスペースを捻出し暫定的に3車線とする対策が取られました。このときも1車線あたりの幅は3.6m(東名阪道は3.5m)から3.25mになっています。

※ ※ ※

 ひと口に高速道路といっても、車線の幅は25cm刻みで調整されています。都市部や地方部、もしくは路線ごとに幅の違いが分かってきたら、高速道路を相当走り慣れているといってよいでしょう。