日産「ノート」が2021年3月の登録台数において、4位にランクインしました。現状の販売動向はどうなっているのでしょうか。

ノート4位浮上! 現状の販売動向はいかに

 トヨタ勢の強さが目立つ日本の新車市場で日産「ノート」が健闘しています。
 
 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表する2021年3月の登録車ランキングでは、1位から3位までをトヨタ勢が独占するなか、日産「ノート」が4位に入りました。

 現状の販売動向はどうなっているのでしょうか。

 新車市場では、トヨタが圧倒的な強さを見せており、トップ10にトヨタが7車種入っています。

 なかでも1位のノートのライバルとなるトヨタ「ヤリス」は、2020年2月に登場して以降、好調な販売を維持し、2021年3月には2万8466台を記録。9か月連続での首位となりました。

 自販連の公表するヤリスには、2020年8月発売の「ヤリスクロス」、9月発売の「GRヤリス」が含まれています。

 また、ヤリス自体では1リッター/1.5リッターのガソリン車と1.5リッター+モーターのハイブリッド車を設定するなど幅広いパワートレインを設定しています。

 一方の新型ノートは、2020年12月にモデルチェンジして発売され、自販連の発表によると2021年3月では1万3352台と、2月の7位から3ランクアップの4位となりました。

 新型ノートでは、先代モデルに設定されていたガソリン車が廃止され、日産のハイブリッドシステム「e-POWER」のみのラインナップとなったことが大きな特徴です。

 e-POWERは、発電にエンジンを利用して100%モーターで走行することから、ハイブリッド車とはいっても他社のハイブリッド車とは異なり、走り心地が電気自動車に近く、ユーザーから好評だといいます。

 3月に販売台数を伸ばした新型ノートについて、首都圏の日産販売店は以下のように話します。

「新型ノートは、現在購入していただくと遅くても7月に出荷して8月にお客さまの手元に届くスケジュールとなっています。

 ちょうどタイミング的に半導体不足により、納期にお時間がかかっている状況です。

 半導体不足がなかった場合でしたら、購入してから1か月ほどでお手元に届いていたかと思います」

3月中旬には4WD仕様が発売!売れ行きはどう?

 e-POWER専売車となり、注目を集め続けている新型ノートですが、3月には4WD仕様が登場しています。

 4WD仕様は、リヤモーターが最高出力50kWのパワーを発揮し、雪道、ドライな路面など、それぞれの路面状況に合わせて、優れた走行性能を発揮します。

 雪道では、日産独自の前後独立モーター制御技術により、滑りやすい路面でも力強く発進し、登り坂でも滑りやすい状況でトルク配分を行い、安定した走りをみせます。

 ドライな路面では、どんな車速でも安定したカーブでの走りや、滑らかな加減速が可能です。

 そんな新型ノート4WD仕様車の売れ行きは、実際のところどうなのでしょうか。

 前出の日産の販売店スタッフは以下のように話します。

「元々2WD仕様のノートが発売される2020年12月に4WD仕様についての発表がされ、年内に発売が予定されていました。

 しかし、新型コロナウイルスによって2021年1月、2月へとずれ込み、3月にようやくオーダー受注を承る形をとっており、6月後半出荷予定となっています」

※ ※ ※

 新型ノートは、e-POWER専売車となり、価格もガソリン車に比べて高額でありながら、登録台数としては2021年1月に6位、2月に7位、3月に4位と好調を維持しています。

 今後、派生モデルが登場するという噂もあり、2021年も新型ノートから目が離せません。