ブームとなっているSUVですが、国内ではトヨタがたくさんのモデルをラインナップしているのに対し、日産は2車種のみです。しかしグローバルでは日産はさまざまなSUVを販売しています。どのようなモデルがあるのでしょうか。

じつは豊富な日産のSUVラインナップ

 世界的なブームとなっているSUVですが、国産メーカーも多くのモデルをラインナップしています。

 もっとも多くラインナップしているのはトヨタで、「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「ハリアー」「RAV4/RAV4 PHV」「ランドクルーザー/ランドクルーザープラド」など大中小のバラエティ豊かなモデルを取り揃えるとともに、2021年秋ごろには「カローラクロス」が追加されるともいわれており、SUVに力を入れていることが分かります。

 その一方、グローバル市場での全体的なモデル数は多いものの、日本で販売されるSUVのラインナップが少ないのは日産です。現在は販売されているSUVは「キックス」と「エクストレイル」の2車種のみになっています。

 そんな日産ですが、2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021で新型エクストレイルが世界初公開され、中国では2021年下期に発売されることが明らかになりました。

 日本での新型エクストレイルの登場が待たれるとこですが、海外に目を移すと、日産は数多くのSUVを取り揃えているのです。

 日産が海外で販売するSUVにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

 エクストレイルですが、中国で発売される新型モデルは1.5リッターVCターボエンジンを搭載。VCターボエンジンとは、日産が世界で初めて開発した可変圧縮比エンジンで、必要に応じて圧縮比を変化させ、高効率なドライビングや低回転域でパワーを実現します。

 さらに、ヨーロッパでも2022年夏の発売を予定。こちらは日本でも「ノート」や「セレナ」に搭載されて好評を得ている「e-POWER」が搭載されることになっています。

 新型エクストレイルのデザインは、北米で2020年秋より販売している兄弟車の「ローグ」と同じく、ワイルドでありながら洗練されたスタイルに一新。

 大型のダブルVモーショングリルや上下2段に分かれたLEDヘッドランプ、大径の19インチホイールを装着し、現行モデルよりも迫力が増した印象です。

 内装は洗練されたデザインを実現。ソフトパットや木目調のパーツを組み合わせた上質な室内が広がっています。

 進化した「プロパイロット」も備わり、高速道路における長距離運転のストレスをより軽減。SUVに求められる四駆性能も進化し、第2世代の4×4-iインテリジェントフルモード4輪駆動を搭載するとともに最低地上高は212mmを確保し、悪路走破性も向上しました。

※ ※ ※

 ヨーロッパで販売されているSUVは、エクストレイル以外に「ジューク」と「キャシュカイ」があります。

 どちらもかつては日本で販売されていましたが(キャシュカイの日本名はデュアリス)、両車ともにヨーロッパでフルモデルチェンジを受けています。

 ジュークは2019年にフルモデルチェンジし、現行モデルは2代目です。従来モデルのDNAを受け継ぎつつ、大型のVモーショングリル装着で力強さがアップ。

 ブラックアウトしたCピラーによって屋根が浮いているように見える「フローティングルーフ」を採用するなど、クーペスタイルを強調したSUVに進化しています。

 パワートレインは、1リッターターボと6速MTまたは7速DCTが組み合わされました。

 さらにヨーロッパでは3代目となる新型キャシュカイが2021年2月に発表され、同年夏に発売予定となっています。

 Vモーショングリルを装着しつつ、シャープなヘッドライトや伸びやかなルーフラインなどにより、スマートなコンパクトSUVに進化。

 日本の切子をモチーフにした内装を取り入れるなど、スタイリッシュなデザインが特徴的です。

 搭載されるエンジンは1.3リッター直噴ターボエンジン+モーターの12Vマイルドハイブリッドシステムで、VCターボを発電用エンジンに使用したe-POWER仕様が追加投入されることになっています。

北米で販売される大型SUVとは?

 北米の日産は、大型の「アルマダ」や「パスファインダー」からミドルサイズの「ムラーノ」、ローグ、コンパクトな「キックス」「ローグスポーツ(キャシュカイ)」など、さまざまなSUVをラインナップしています。

 最近では新型パスファインダーが2021年2月に発表され、夏より発売されることがアナウンスされました。

 力強いフロントフェイスや厚みあるフェンダーに加え、先代モデルよりもさらに短くなったフロントオーバーハングなど、力強さと性能を表現。

 また、初代モデルのオマージュとして、スリースロットグリルと組み合わされたVモーショングリルやC字型のヘッドライト、流れるようなルーフラインなどを採用しました。

 室内では、標準モデルは8人乗車ですが、今回パスファインダーとして初めて2列目にキャプテンシートを採用したグレードを設定。時代に合わせた変化も取り入れています。

 パワフルな走行性能も魅力のひとつで、284馬力を発生する3.5リッター直噴V型6気筒エンジンと新型の9速ATとの組み合わせにより、滑らかかつ力強くダイレクトなレスポンスを実現ました。

 北米でも販売されるキックスは、日本はもちろん、アジアや南米でも展開されるグローバルモデルです。

 現行モデルは2016年にデビューしていますが、2020年にマイナーチェンジを受け、このタイミングで日本にも導入されました。

 キックスも大型のVモーショングリルを装着するのはほかの日産車と同様。力強さとスタイリッシュさが共存するコンパクトSUVとして、世界で人気を博しています。

 2020年にインドでデビューしたコンパクトSUVとして「マグナイト」があります。インドだけでなくアフリカでも販売されるモデルです。

 マグナイトの最大の特徴は全長4m以下の小型SUVであることです。日本で人気のトヨタ「ライズ」と同じくらいの大きさとなります。

 筋肉質なボディにはダイナミックな八角形の大型グリルを装着あい、日産の新しいブランドロゴもグリル中央に配置され、SUVらしさを際立たせるデザインとしていますが、日産が新興国で展開している「ダットサン」ブランドのモデルと似たデザインです。

 新開発の1リッターターボエンジンと自然吸気エンジンを搭載。ターボエンジンには「GT-R」などにも採用されている「ミラーボアシリンダーコーティング」技術を取り入れて、エンジン内部の抵抗を低減し、スムーズな加速と燃料の効率的な使用を可能にしました。

 トランスミッションは5速MTとCVT(ターボ車のみ)が用意されています。

 インドでは549万ルピー(日本円で約79万円)という低価格を実現しました。

※ ※ ※

 ほかにもフレームSUV「テラ」(東南アジア)や「パトロール」(中東)など、日産にはさまざまなタイプのSUVがあり、日本でも売って欲しいモデルがたくさん存在しているのです。

 今後の日本市場では、SUVタイプの新型EVとして「アリア」が投入されることになっています。

 新型エクストレイルも2021年度内に国内発売されるとも噂されており、日産SUVの動向から目が離せません。