昨今、話題のスポットとして挙げられる「道の駅」。2020年7月時点では、日本全国に1180か所も存在しますが、近年では車中泊に関わるトラブルも絶えないといいます。

道の駅での車中泊はダメ? 実際に聞いてみた!

 最近、さまざまなサービスや施設が展開されていることでも話題の道の駅。

 2020年7月時点では、日本全国1180か所に点在しており、地域の活性化につながるご当地名物を堪能できるとあり、観光地化しています。

 そうした道の駅ですが、近年では車中泊に関わるトラブルも絶えないといいます。

 道の駅は、1991年に全国12か所の施設を社会実験の一環として展開。その後、30年で100倍以上もの数に増加しました。

 道の駅には、24時間無料で利用できる駐車場・トイレなどの「休憩機能」や、道路情報・観光情報・緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設・観光レクリエーション施設などの地域振興施設で地域と交流を図る「地域連携機能」といった機能が備わっています。

 そんなクルマ移動する際に必要な機能を備える道の駅は、駐車場を無料で利用できることから、運転中の疲労を回復するための休憩施設として利用することがほとんどです。

 その便利さから、なかには車中泊の場所として利用する人もいるようです。道の駅での車中泊について、国土交通省の担当者は次のように話しています。

「道の駅は、それぞれの場所によってルールを定めているので、道の駅によっては使用料を支払うことで車中泊ができる場所もあるようです」

 また、国土交通省のホームページでは次のようにアナウンスしています。

「道の駅は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。

 もちろん、道の駅は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことは構いません」

※ ※ ※

 では、それぞれの道の駅では車中泊について、どのような対応をしているのでしょうか。

  神奈川県にある道の駅「箱根峠」は「道の駅では、駐車場など公共空間で宿泊施目的の利用はご遠慮いただいています。」と話しています。

 また、千葉県にある道の駅「白浜野島崎」の担当者は、次のように話しています。

「当施設では、有料の車中泊施設としてRVパークを設けており、このRVパークであれば車中泊ができます。道の駅の駐車場での車中泊については、なんともいえないのが本音です」

※ ※ ※

 実際のところ、仮眠と車中泊の基準があいまいともいえるため、なかなか注意がしにくいというのも現状だといえます。

 しかし、道の駅はあくまでも休憩を前提としているため、長時間の駐車はほかのユーザーが利用できなくなる可能性もあり、施設側としては「遠慮してほしい」ことには変わりありません。

では、SA・PAでの車中泊は良いの?

 クルマを移動している道中で休憩できる場所には、道の駅のほかに、高速道路上のSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)があります。

 SA・PAは、高速道路を利用する人の休憩などを目的としている施設です。

 SAは、一般的に休憩所、駐車場、トイレ、売店、食堂、ガソリンスタンドなどが備わっており、おおむね50km間隔で設置されています。

 PAは、駐車場、トイレ、必要に応じて売店が備わっており、おおむね15kmおきに設置されている施設です。

 SA・PAの場合では、どのような対応となっているのでしょうか。

 NEXCO中日本の担当者は以下のように話します。

「SA・PAは、高速道路を安全に走行していただくために設置してある休憩施設であるため、車中泊をすることはご遠慮いただいております。

 ただし、仮眠は取っていただくことはできます。なかなか仮眠と車中泊の線引きは難しいですが、宿泊するスペースための駐車スペースは確保されていません。

 そのため、皆さまに使っていただけるよう各個人がルールを守って利用していただければと思います」

※ ※ ※

 運転中の休憩施設である道の駅は、場所によって車中泊できるスペースを設けている場合もあります。

 24時間無料で利用できる道の駅は、クルマを使う人にとって便利な施設です。

 ただし、それぞれの道の駅で駐車に関するルールが異なります。道の駅で車中泊を希望する場合には、車中泊ができるか事前に確認しておくと良いでしょう。

 一方、高速道路に設置されているSA・PAは、原則として車中泊を禁止していませんが、長時間にわたり駐車をしていると、係員に声をかけられることがあるようです。

※記事初出時より、本文の一部を訂正いたしました(5月8日午前10時40分)