オープンカーに乗っている際に傘を差すことは違反となるのでしょうか。

オープンカーに乗っている際に傘は差せるのか?

 開放感を味わえるオープンカーですが、雨の日に走行する場合、傘を差しながらの走行は違反になるのでしょうか。

 オープンカーを乗っているときに困ることは急な雨です。

 急に雲行きが怪しくなり、強い雨が降るゲリラ豪雨などでは、開けている屋根を閉じる作業をしている間に車内、運転手、同乗者がズブ濡れになってしまうこともあるでしょう。

 屋根を開けてクルマを走らせている際、突然雨が降ってきたら、応急処置として傘を差して良いのでしょうか。

 クルマを運転する際の「安全運転の義務」について、道路交通法第70条は「車両等の運転者は、ハンドル、ブレーキなど確実に操作し状況に応じ運転しなければならない」と定めています。

 警察の関係者は以下のように話します。

「運転者が傘を差しながら運転するのは、道路交通法違反になります。そのため、雨が降ってきたら、安全な場所へクルマを停めて、屋根を閉めてください」

※ ※ ※

 では、助手席の人が傘を差すのは問題ないでしょうか。
 道路交通法71条の4では、運転者の遵守事項として「積載物の転落を防ぐ措置を講ずること」とあるため、助手席を含む同乗者が走行中に傘を開く行為はこれにあたると解釈できます。

 警視庁交通課の担当者の話にもあるように、オープンカーの屋根を開けて運転している最中に雨が降ってきた場合には、安全な場所へクルマを停め、屋根を閉めるようにしましょう。

時速153kmにも耐えられる折りたたみ傘とは?

 一方で耐久力のある傘の「Rain Story」を販売するフェニックス株式会社では、そのプロモーション用の動画が驚くような映像となっています。

 このプロモーション映像には、ピックアップトラックの荷台に乗った男性がクルマの走行中に傘を広げ、風に耐え傘が壊れないことをアピールしています。

 映像に登場するRain Storyは、かなりの強風にも耐えられるくらいの強度のある傘として販売されています。

 映像のなかでも、時速153.4km/hの強風でも変形や破損することなく、クラス14の耐風試験に合格したことが確認できます。

 このRain Storyを製造するのは台湾の「榮雙國際開發有限公司」で、2004年に「Rain Story」ブランドを立ち上げました。

 台湾現地では、傘の修理や製品開発を繰り返し、信頼性の高い傘を開発し続けています。

 では、Rain Storyのプロモーション映像にあるように、クルマの荷台に人が乗り、強い風圧に耐えるかというテストを日本の公道で行っても良いのでしょうか。

 道路交通法第55条、第56条では、人が荷台に乗ることは原則として禁止されている行為にあたります。

 Rain Storyを日本で販売しているフェニックス株式会社の担当者は、次のように話します。

「このプロモーション映像の撮影は台湾でおこなわれています。

 日本の公道でもNGなように、台湾でもクルマの荷台に人が乗ることは法律で禁じられています。

 ですが、今回の撮影は撮影許可を取り、安全に考慮して撮影をおこないました。

 そのため、プロモーション映像としての使用もとくに問題となっていません。

 また、この動画撮影の経緯として、台湾では台風が発生しやすく風が強い日が多い国で、日本メインというよりは傘の頑丈さを求める台湾でのニーズが考えられ、製造されました。

 そのため、より頑丈さをアピールできるようこのプロモーション映像が作られました」

※ ※ ※
 クルマの風圧にも耐えられる傘「Rain Story」を手に入れたとしても、走行中のオープンカーでの使用は絶対にするべきではないといえるでしょう。