各自動車メーカーとも、すべての開発業務を自社だけでおこなっているわけではありません。一部の開発をエンジニアリング会社に委託することは珍しくなく、時にはメーカーの垣根を越えて協業することもあります。そこで、名門メーカーとのコラボによって誕生したクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

名門メーカー監修による最強タッグから生まれたクルマを振り返る

 新型車の開発や改良をおこなう際に、各メーカーともすべてを自社でおこなっているわけではありません。得意な分野があるエンジニアリング会社に開発を委託したり、共同開発することで高効率化を可能になるためです。

 また、時にはメーカーの垣根を越えて開発を委託することも珍しくありません。古くはトヨタがエンジン開発をヤマハに依頼していたり、近年ではホンダ「NSX」のエンジンはイギリスのコスワースが開発しました。

 さらに、特定のメーカーとの協業によって開発された高性能車も存在。そこで、名門メーカーとのコラボによって誕生したクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「Nissan GT-R50 by Italdesign」

 1969年に日産初代「スカイラインGT-R」(通称ハコスカ)が誕生し、いまに続くGT-Rブランドはすでに50年以上もの歴史があります。

 そこで、2019年にGT-R生誕50周年を記念するモデルとして、イタリアの名門デザイン工房(カロッツェリア)であるイタルデザインとのコラボによる「Nissan GT-R50 by Italdesign」が発表されました。なおイタルデザインも2018年に創立50周年ということも、コラボに至った経緯です。

 ベースとなるのはGT-Rのなかでも最強モデル「GT-R NISMO」で、シャシとエンジンをイタルデザインへ運び、内外装のアッセンブリーがおこなわれて世界中に出荷されることになります。

 エンジンはニスモにより手作業で組み立てられた専用仕様で、大幅にチューンナップされた結果、最高出力720馬力、最大トルク780Nmを誇るといいます。

 外装パーツは大規模にモディファイされており、GT-Rのシルエットは残っているもののキャビンが低く作り変えられ、リアセクションはハッチバックとなるなど、もはやノーマルの面影はありません。

 内装の意匠は大きく変更されませんが、ユーザーの好みに合わせた素材やカラーコーディネートが選択可能です。

 限定台数は50台で、価格は日本円で約1億2000万円から。デリバリーは2021年半ばから開始されます。

●いすゞ「ピアッツァ ハンドリングバイロータス」

 現在、いすゞは日本で乗用車の販売から撤退していますが、これまで数多くの名車を世に送り出してきました。

 そのなかの1台が、高級スペシャリティカー「117クーペ」の後継車として、1981年に誕生した初代「ピアッツァ」です。

 外観は117クーペに続いて巨匠ジョルジェット・ジウジアーロによるデザインで、セミリトラクタブルヘッドライトや全体的に丸みを帯びたスタイリッシュなフォルムが特徴の3ドアハッチバッククーペに仕立てられました。

 エンジンは当初から2リッター直列4気筒DOHCが設定されるなど、いすゞのフラッグシップにふさわしい走りを実現。

 そして、1985年にはドイツのチューナーであるイルムシャーが監修した「ピアッツァ イルムシャー」を発売してヒットを記録。

 さらに次の一手として、当時いすゞと同様にGMの傘下だったロータスの手によって足まわりのチューニングをおこなった「ピアッツア ハンドリングバイロータス」を発売すると、こちらもヒット作になりました。

 MOMO製ステアリングやBBS製ホイールなど、当時は憧れだった海外ブランドのパーツが装着されるなど、内外装も専用にコーディネートされています。

 この、ロータスとのコラボは「ジェミニ」やSUVの「ビッグホーン」でも実施され、先のイルムシャーとのコラボも「アスカ」とジェミニもおこなうなど、どのモデルも高い人気を誇り、いすゞのイメージアップに多大な貢献を果たしました。

●シボレー「コルベット ZR-1」

 前出のいすゞとロータスの関係と同じく、GMのブランドであるシボレーもロータスとタッグを組んで開発したモデルがあり、それが4代目「コルベット」の最強グレードである「コルベット ZR-1」です。

 コルベット ZR-1は1989年に発売され、オールアルミ化された「LT5型」エンジンを搭載。この5.7リッターV型8気筒DOHCエンジンはロータスが開発し、最高出力375馬力を誇りました。

 トランスミッションは6速MTのみとされ、最高速度は289.5km/h、0-400m発進加速タイムは12.2秒と、もはやスーパーカーといえる領域の性能を獲得。

 ボディもサイズアップしたタイヤを収めるためにリアフェンダーが拡大されるなど、特別なモデルであることをアピールします。

 その後、コルベット生誕40周年を迎えた1993年にはアニバーサリーモデルも登場し、さらにチューニングされたZR-1は405馬力までパワーアップを果たしました。

 1995年にコルベット ZR-1は生産を終えましたが、歴代コルベットでDOHCエンジンを搭載したのは唯一ZR-1だけで、現行モデルのリアミッドシップ化された8代目もOHVエンジンです。

ポルシェが開発した2台の高性能モデルとは?

●メルセデス・ベンツ「500E」

 メルセデス・ベンツの高性能車というと現在はAMGブランドから販売されていますが、かつてはメルセデス・ベンツブランドからも特別な高性能モデルが誕生しています。

 なかでも伝説的なモデルが1991年に発売されたメルセデス・ベンツ「500E」(後にE500に改名)で、Eクラスセダンにスポーツモデルの「500SL」のエンジンを移植するというだけでなく、ポルシェが開発を担当。

 まず、Eクラスに500SLのV型8気筒エンジンを搭載するためにフロアパネルが変更され、トランスミッションや前後のサスペンション、ステアリングギアボックスなども、500SLのものが移植されました。

 ボディは前後のトレッドを拡大したことでワイド化されたフェンダーと、専用デザインのバンパーが装着されている以外は、派手なエアロパーツは装着されていません。

 一方で、330馬力を発揮する5リッターエンジンによって、0-400m発進加速タイムは14.8秒、最高速度は250km/hと、まさにスーパーセダンといえる性能を誇りました。

 初期モデルはポルシェの工場で作られたという付加価値と、末期とはいえバブル景気という背景から日本でも人気が高まり、高額ながら正規輸入車だけでなく数多くの並行輸入車が日本に上陸しています。

 現在はネオクラシックカー人気の影響から、世界的に500Eの価格が高騰してしまいました。

●アウディ「RS2アバント」

 現在、フォルクスワーゲングループは数多くのメーカーを傘下に収めていますが、そのなかのアウディとポルシェは1970年代から緊密な関係にあり、ポルシェ「924」の生産など技術的な交流が盛んにおこなわれてきました。

 そして、1994年にはアウディがポルシェとコラボして開発された高性能ステーションワゴン「RS2アバント」を発売。

 RSシリーズは今もアウディのラインナップのなかで特別な高性能モデルとして展開されていますが、RS2アバントがシリーズ初のモデルでした。

 ベースになったのは「80アバント」で、最高出力315馬力を誇る2.2リッター直列5気筒ターボエンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTのみ。

 駆動方式はフルタイム4WDシステム「クワトロ」を採用して、0-100km/h加速4.8秒、最高速度は260km/hに達する、まさにスーパーワゴンに仕立てられています。

 外観には大きく手が入れられていませんが、当時のポルシェ964型「911」と同じデザインのドアミラーとホイール、フロントバンパーにあるターンシグナルとフォグランプは993型911をモチーフにしたデザインです。

 さらに、「PORSCHE」のロゴが刻まれたブレンボ製4ポッドブレーキキャリパーを装備するなど、随所に高性能さをさりげなくアピール。

 RS2アバントの生産はポルシェの工場でおこなわれ、日本でも話題となりましたが正規輸入されず、わずかな台数が並行輸入で上陸したに留まっています。

※ ※ ※

 こうしたメーカー間のコラボは、高性能モデルでこそ効果を発揮するのでしょう。かつて腕時計でも「ダブルネーム」が流行しましたが、異なるブランドが加わることで付加価値が生まれます。

 ロータスやポルシェが開発したというだけで、世界中のカーガイを魅了したのは間違いありません。