独フォルクスワーゲン(VW)は2021年4月28日、VW初となるフルEVの高性能モデル「ID.4 GTX」をベルリン・テンペルホーフ空港で開催されたイベントで世界初公開した。

ドイツでの車両価格は実質570万円から

 独フォルクスワーゲン(VW)は2021年4月28日、VW初となるフルEV(電気自動車)の高性能モデル「ID.4 GTX」をベルリン・テンペルホーフ空港で開催されたイベントで世界初公開した。

 ID.4 GTXはフロントアクスルとリアアクスルにひとつずつモーターを搭載し4輪を駆動するモデルで、VWグループのモジュラー・エレクトリックドライブ・マトリクス(MEB)に基づくデュアルモーター4WDの最初の1台となる。

 トータル出力は220kW(約299ps)。ID.4ファミリーのフラッグシップとなるGTXは0−60km/h加速が3.2秒、0-100km/h加速は6.2秒、最高速度は180km/h(リミッター)という実力を誇る。

 エクステリアデザインの特徴として、デイタイムランニングライトを構成する3つのハニカムエレメントが上げられる。これは停止したときにもスポーティなキャラクターを表現すると同時に、「ゴルフGTI」との共通性も確立している。また新デザインのバンパーに加え、X字のブレーキランプを備えた3D LEDテールライトクラスターがID.4 GTXの専用デザインになる。

 またボディはルーフとリアスポイラーがブラック、ルーフフレームバーはアンスラサイトに塗り分けられ、後輪駆動モデルとは異なる存在感を放っている。

 インテリアでは、ダッシュボード上部などにサステナビリティを象徴するX-Blueのダークカラーを採用。また赤いステッチの入ったシートもアクセントになっている。またステアリングホイールやシルパネルトリム、フロントシートのバックレスト上部に「GTX」のロゴが入る。

 ID.4 GTXは2021年夏にヨーロッパで発売される。ドイツでは5万415ユーロ(約670万円)からとなるが、ユーザーは7500ユーロ(約100万円)の補助金を受け取ることができるため、実質570万円程度で手に入れることが可能だ。

* * *

 今回、ベルリンの旧テンペルホーフ空港の航空機格納庫でワールドプレミアを開催したが、その際には37.5%という急勾配を上るパフォーマンスを披露した。

 フォルクスワーゲンブランドのラルフ・ブランドシュテッターCEOは「電気自動車の運転は単純にとても楽しいですが、ID.4 GTXによって私たちは新たな次元のスポーティさとダイナミクスを加えています。これまでのID.ファミリーのなかでもっともエモーシャルなこのモデルは、電動モビリティと最高のスポーティなパフォーマンスが相反するものではないことを示しています」とコメントする。

 また開発担当役員のトーマス・ウルブリッヒ氏は「電動パワートレインのフルトルクがすぐに発揮され、あらゆるコーナーで優れたハンドリングを感じることが可能です」と語る。「さらに革新的な運転・安全コンセプトは、ドライブトレインと同様にインテリジェントです。たとえば独自のAR(拡張現実)ヘッドアップディスプレイや総合アシストシステムでドライバーをサポートしています」