独メルセデス・ベンツは2021年5月5日、コンパクトSUV型の電気自動車(EV)「EQA」に4MOTION(4WD)モデル「EQA300 4MATIC」「EQA350 4MATIC」の2車種を追加、欧州市場で注文を開始した。

EQA300とEQA350の2種類の4マティックを用意

 独メルセデス・ベンツは2021年5月5日、コンパクトSUV型の電気自動車(EV)「EQA」に4MOTION(4WD)モデル「EQA300 4MATIC」「EQA350 4MATIC」の2グレードを追加、欧州市場で注文を開始した。

 EQAは、2021年1月に世界初公開されたコンパクトSUVタイプの新型モデルで、メルセデス・ベンツのEVシリーズ「メルセデスEQ」モデルでもっともコンパクトなエントリーモデルという立ち位置になる。同年2月の発売開始以降、すでに2万台を超える注文を受けているという。

 今回欧州で注文を開始したEQA300 4MATICおよびEQA350 4MATICはフロント、およびリアアクスルにひとつずつのモーターを備えた全輪駆動モデルだ。

 EQA300 4MATICは、トータル最高出力168kW(約228ps)、トータル最大トルク390Nmを発生。66.5kWhのバッテリーを搭載し、0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は160km/h(リミッター)を誇る。WLTPモードでの航続可能距離は400kmから426kmとなる。

 一方のEQA350 4MATICは、トータル最高出力215kW(約292ps)、トータル最大トルク520Nmを発生。バッテリー容量はEQA300 4MATICと同じ66.5kWhで、0-100km/h加速は6.0秒、最高速度は160km/h(リミッター)というパフォーマンスとなる。WLTPモードでの航続可能距離は400kmから426kmだ。

 ドイツでの車両価格(19%の付加価値税VAT込)は、EQA300 4MATICが5万3538.10ユーロ(約703万円)、EQA350 4MATICが5万6215.60ユーロ(約740万円)となる。ただし、ドイツ政府からの環境補助金が5000ユーロ(約65万円)、メルセデス・ベンツからの補助金が2500ユーロ(約33万円)を受け取ることができるため、連邦政府負担分とメーカー負担分を考慮した実質的な価格は、EQA300 4MATICが4万5443.10ユーロ(約605万円)、EQA350 4MATICが4万8515.60ユーロ(約638万円)となる。

* * *

 EQAのボディは全長4465mm×全幅1835mm×全高1625mm、ホイールベースは2730mmと、サイズ的には人気のコンパクトSUV「GLA」とほとんど変わらない大きさだ。

 日本でも4月26日に「EQA250」が上陸。このモデルは190ps・370Nmを発生するモーターを搭載、フロントを駆動する。最高速度は160km/h、0-100km/h加速は8.9秒というパフォーマンスを誇る。搭載するリチウムイオンバッテリーは66.5kWhの容量を持ち、航続距離はWLTCモードで422kmだ。