ワールド・カー・アワードの選考委員であるモータージャーナリスト山崎元裕氏が、コロナ禍における2021年の選考方式を解説する。

実際に試乗することが大前提ゆえの苦悩

 2021年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)に、VWの「ID.4」が決定したことは、すでに多くのメディアで報じられているとおりだ。VWにとってこのアワードを受賞するのは今回が実に5回目で、2009年の「ゴルフ6」、2010年の「ポロ」、2012年の「up!」、そして2013年の「ゴルフ7」に続くものとなる。VWはまさに常勝ブランドといってもよい。

 今回のワールド・カー・アワード(WCA)は、例年とは多少異なる選考方式によっておこなわれた。その理由は世界的に大きな脅威を奮ったCOVID−19による影響によるものである。

 通常はLAショー、ジュネーブ・ショー、NYショーと、華々しい国際モーターショーの舞台で各部門のベスト3モデルや、ベストモデル、そして最終的にはWCAが発表されるのだが、今回は世界各国の92名からなる選考委員は、オンラインでその選考の行方を見守るほかはなかった。

 WCAが大きな原則としているのは、投票するモデルに実際に試乗しているかどうかである。最初に選考車をエントリーする段階から、試乗しているものは1ポイント、そうでないものは0.5ポイントと2倍もの差がつけられるのである。

 前回まではその差を少なからず埋めるために、LAショーの直前に、各社のモデルを集めた試乗会がLA近郊でおこなわれ、ここでは我々にはとくに縁の薄いアメリカ車や韓国車などにも試乗することができ、新しい発見もあった。

 しかし、そのLA試乗会も開催が不可能になり、また通常の海外試乗会も各社が続々と中止の決断を下して1年になろうかというこの時期、エントリー車を選ぶのは相当に難しい作業だった。

試乗機会さえあれば、日本車が受賞していたかも!?

 現在WCAは、下記の5つの部門に分かれている。

・ワールド・ラグジュアリー・カー
・ワールド・パフォーマンス・カー
・ワールド・アーバン・カー
・ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー
・ワールド・カー・パーソン・オブ・ザ・イヤー

 このうちカーデザインとパーソンの2部門は、あらかじめ主催者と識者によって候補が定められ、選考委員はそこから票を投じる仕組みとなっている。

 2021年は前者がランドローバー「ディフェンダー」、後者はトヨタ自動車の豊田章男社長が受賞している。

 そしてワールド・ラグジュアリー・カーを受賞したメルセデス・ベンツ「Sクラス」、ワールド・パフォーマンス・カーを受賞したポルシェ「911ターボ」、ワールド・アーバン・カーの栄誉に輝いた「ホンダe」など各賞が決まった後、最終的にホンダe、トヨタ「ヤリス」、VW ID.4のなかで争われたワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは、VW ID.4であった。

 それはただ単にひとつの賞を受賞したというだけではなく、今後の自動車の方向性を示す大きな道筋となる1台といえるだろう。

 果たして2022年には、どのようなモデルがエントリーされ、そしてWCAの座に輝くのか。早くもそれが楽しみになってきた。

 ちなみに、現在ワールド・カー・アワード(WCA)というのが正式な組織名であり、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)は、文字どおりその年の世界中でもっとも優れたクルマに与えられる賞の名称として使われている。