最高速度400km/hオーバーのマクラーレン「スピードテール」にインスパイアを受けたリシャール・ミルの最新作が登場。

「スピードテール」の生産台数と同じ106本限定時計

 リシャール・ミルは、マクラーレン・オートモーティブとの5年目のパートナーシップにあたり、最新かつもっとも野心的なコラボレーション「RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテール」を発表した。

 この「スピードテール」にインスパイアを受けた時計は、スピードテールの生産台数106台にちなんで、106本の限定生産となる。

 スピードテールは、マクラーレンがこれまでに手がけた最速かつもっとも完成度が高く、そしてもっとも卓越したロードカーである。

 自然界に存在するフォルムからインスピレーションを受け、空気力学的に効率的なティアドロップ形フォルムを取り入れたスピードテールは、マクラーレン アルティメット シリーズ第3弾の3人乗りのグランドツアラーだ。

 スピードテールは1070psのハイブリッドパワートレインを搭載し、最高速度402km/hをマーク。この最高速に到達するためのマクラーレンの空気力学に対する絶え間ない探究が、RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールの設計の出発点となっている。

●スーパーカーと時計の共通点とは

 マクラーレン・オートモーティブのデザインディレクター、ロブ・メルヴィル氏は、ふたつのブランドが理想的なパートナーである理由を、RM 40-01が見事に体現しているとコメントしている。

「重量を軽くすること、振動の影響を減らすこと、抵抗を最小限にすることなど様々な問題に取り組む姿勢は、両社の大きな共通点でしょう。

 RM 40-01の設計に際し、スピードテールの特徴とその背後にあるフィロソフィーを共有するべく、多くの情報を提供しました。スピードテールにおいては、芸術作品のようなクオリティを持つクルマの製造を目指していました。それはRM 40-01にも確実にあらわれています。妥協のないデザインや素材、フィニッシングにおいて、スピードテールの様々なディテールを本当に美しく反映しています」

 リシャール・ミルのテクニカルディレクターのジュリアン・ボワラ氏は、RM 40-01について次のようにコメントしている。

「スピードテールのティアドロップのフォルムからインスピレーションを得ただけでなく、既存のリシャール・ミルとマクラーレンの各パーツをシームレスに組み合わせるという課題にも直面しました。

 このウォッチは、リシャール・ミルで最高レベルの仕上げを施しています。面取り加工職人や研磨職人とも多くの研究開発をおこないました。

 さまざまなパーツの鏡面仕上げ、ブラスト仕上げ、サテン仕上げ、およびチタンとカーボンTPTの組み合わせなど、ディテールへのこだわりは格別です。ケース自体は69個のパーツで構成されています」

 それでは次のページで、RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールのディテールと開発過程について詳しく解説しよう。

「スピードテール」との共通点を感じられる「RM 40-01」とは

 RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールは、かつてないほど複雑なデザインのため、最適な形状に至るまでに5つの試作品が制作されている。

 課題は6時側よりも12時側のケース幅がはるかに広いこと。カーボンTPT製のミドルケースと長さの異なるチタン製ピラーによって分離されているチタンベゼルとケースバックの間は、テーパーが施されている。

 リシャール・ミルは、RM 40-01のアートともいえるムーブメントを守るために、ベゼルのテーパーと厚みの変化を考慮した3次元曲面構造を特徴とする、独特な表面クリスタルガラスを開発。この開発には18か月を要した。

 ストラップもユニークなデザインで、上下非対称になっているのが分かる。ラバーバージョンにはBiwi社のVulculorテクノロジーを採用。これは、カラーラバーを成形加工することができる特殊なプロセスである。これにより、ムーブメントの6時位置にあるマクラーレンのアイコンであるオレンジ色のアクセントカラーを手首までまっすぐにつなげることを可能となった。

 グレード5チタンは、ブリッジ、ブリッジネジ、地板、ローター芯などの主要パーツに使用されている。

●ディテールに宿るマクラーレンDNA

 RM 40-01のムーブメント「CRMT4」には、リシャール・ミル製トゥールビヨンでは初めて、パワーリザーブ表示、オーバーサイズデイト、ファンクションセレクターが搭載された。

 完璧を追求するために3つのパワーリザーブシステムが開発され、時計に搭載される最終版を完成。このまったく新しいムーブメント構造の開発には8600時間もの作業を要し、その多くが極めて高度なディテールの完成のために費やされたという。

 仕上げは目に見える部分だけでなく、内部の部品の表面にも施されている。歯車は、スピードテールのボンネットを飾るマクラーレンのロゴの形に型抜きされており、トゥールビヨンのブリッジに見られるように、スピードテールの曲線を表現するために、ふくらみを持った新しい表面形状をしたパーツが採用されている。

 また、時計の全体的なバランスとラインの滑らかさを維持するために、デイト用のプッシュボタンを8時位置に配置。これは、一般的な11時位置よりも技術的には複雑となるのだが、見た目の美しさを重視した結果である。

 このほか、プラチナとレッドゴールドの巻き上げローターはスピードテールのボンネットから、バレルはルーフラインからインスピレーションを受けている。

 12時位置から6時位置にかけての緩やかな曲線は、クルマのコックピットと車体の間にあるブラッシュドメタルの仕切りを連想させるもので、この仕切りは、マクラーレンがこれまでのリシャール・ミルのウォッチからインスピレーションを得て採用したものでもある。

 ムーブメント下部からストラップまで続くオレンジラインは、スピードテールの後部スクリーンに取付けられているブレーキランプからの着想であるという。

* * *

 新車価格2億5000万円といわれたスピードテールは、発表と同時に106台すべて完売するほどの人気振りであった。リシャール・ミルのRM 40-01の価格は未発表だが、おそらく多くのスピードテール・オーナーがオーダーしたのではないだろうか。