アウディジャパンは2021年5月20日、同年4月に日本で発表された電動グランツーリスモ「e-tron GT」を、5月15日から8月8日まで全国e-tronディーラーにてロードショーを開催すると発表した。

アウディの最新フラッグシップEVを地元ディーラーで見ることができる

 アウディジャパンは2021年5月20日、同年4月に日本で発表された電動グランツーリスモ「e-tron GT」を、5月15日から8月8日まで全国e-tronディーラーにてロードショーを開催すると発表した。

 これはドイツ仕様の「e-tron GTクワトロ」と「RS e-tron GT」の2車種を用いた展示イベント(車種は会場によって異なる)で、実際にアウディの新しいブランドアイコンを見ることができるチャンスとなっている。

 アウディ e-tron GTロードショーの開催スケジュールは以下のとおり。

5月22日−23日 ・Audi練馬・Audi一宮・Audi楠・Audi京都・Audi梅田
5月29日−30日 ・Audi札幌東・Audi月寒・Audi西東京・Audi岐阜
6月5日−6日 ・Audi相模原・Audi三重四日市・Audiりんくう・Audi福岡中央
6月12日−13日 ・Audi刈谷・Audi福岡マリーナ
6月19日−20日 ・Audi静岡・Audi鹿児島
6月26日−27日 ・Audi幕張・Audi松本・Audi神戸・Audi板付
7月3日−4日 ・Audiつくば・Audiさいたま新都心・Audi金沢・Audi大分
7月10日−11日 ・Audi宮城野・Audi宇都宮・Audi足立・Audi松山インター
7月17日−18日 ・Audi青森・Audi名古屋西・Audi天白・Audi広島
7月24日−25日 ・Audi新潟
7月29日 ・Audi大阪中央・Audi箕面・Audi堺
7月31日−8月1日 ・Audi横浜港北・Audi港南台・Audi浜松
8月7日−8日 ・Audi立川・Audi高松

* * *

 アウディe-tron GTは2021年2月に世界初公開、同年4月6日に日本で発表された電動プレミアム4ドアグランツーリスモで、発売は同年秋の予定だ。

 全長4990mm×全幅1965mm×全高1415mm(RS e-tron GTは1395mm)のワイド&ローのボディを持ち、エアロダイナミクスを極限まで追求したボディラインは、Cd値(空気抵抗係数)0.24と非常に優れた空力性能を誇る。

 前後アクスルに配置されたふたつの電気モーターのシステム最大出力は、e-tron GTが350kW(約476ps)、RS e-tron GTが440kW(約598ps)で、ローンチコントロール仕様時は390kW(約530ps)と475kW(約645ps)を発生。 最大トルクはそれぞれ640Nmと830Nmになる。

 この強烈なパフォーマンスを、完全に電子的に制御された四輪駆動システムであるエレクトリックquattro(クワトロ)が最大限に活かす。そのリアクション速度は30ミリ秒と、機械式クワトロの5倍の速さで反応するという。

 その結果、RS e-tron GTは、ローンチコントロールを使えば0-100km/h加速はわずか3.3 秒というパフォーマンスを誇る。

 また総容量93kWh(実際の使用容量は84kWh)のバッテリーはフロア下に配置しており、システム電圧は800Vで、日本の計測方法で 500km以上の航続距離を実現する。日本仕様の詳細は、国土交通省の認可取得後に発表するという。

 車両価格はe-tron GT quattroが1399万円(消費税込、以下同)、RS e-tron GTが1799万円になる。