トヨタは新型「GR86」を2021年4月5日に世界初公開しましたが、世の中には4ドアで5人乗りが可能な86風なカスタムカーが存在するといいます。

4ドア化された86…ではなく…正体はまさかのカムリ?

 トヨタ「86」といえば、2ドアクーペのスポーツカーとして、世界中でファンが多いクルマです。2021年4月5日には2代目となる新型「GR86」が世界初公開されました。
 
 しかし、世の中には4ドアで5人乗りが可能な86風なカスタムカーが存在するといいます。

 2012年に登場した初代86は、スバルの水平対向エンジンとトヨタの直噴技術を世界で初めて採用したFRスポーツカーとして誕生しました。

 ラリーやワンメイクレース、ジムカーナ、ドリフトなどさまざまな参加型モータースポーツのベース車として人気を集めたことで、スポーツカーを文化として根付かせることにも成功したクルマといえます。

 一方で、初代86は4シーターの設定にはなっているものの、後席は子供用といっても過言ではないほどの狭さです。

 スポーツカーゆえそのあたりは割り切った考えが必要ですが、世の中には見た目は86でも大人5人が乗れる4ドアセダンが制作された事例があります。

 制作したのは、千葉県にある自動車専門学校の日本自動車大学校(通称:NATS)です。

 NATSでは、トヨタの先代「カムリ(2012年式)」をベースに見た目を初代86に仕立てたカスタムカーを東京オートサロン2020に「LS86」として出展しました。

 LSとは、車両コンセプトの「『Livability(居住性)にSportsを』5人でも広々乗れるスポーツセダンをテーマにカムリを家族で楽しめる86に!」から命名されています。

 エクステリアは、初代86(前期型)前後バンパーなどを加工して装着しており、ヘッドランプ・テールランプ・サイドマーカー・バックフォグはVALENTI製を使用。

 足回りは、テイン製のサスペンションキットや、ワーク製19インチホイールにニットー製245/20R19を履いています。

 LS86についてNATSの担当者は次のように説明しています。

「トヨタカローラ千葉株式会社の協賛により、カムリをベースに86のセダンを製作しました。

 86の顔面とリア回りをスワップしたことで、“まるで純正の様に”をサブコンセプトとして掲げています。

 そのため、派手なカスタムではないですが、『あったらいいのにな』を実現した1台です。

 車体の完成も車検も順調に進んだ1台でもあり、東京オートサロン2020での評価も高かったです」

※ ※ ※

 4ドア化された86ともいえるカムリベースのLS86ですが、まさにクルマ好きのお父さんと、家族で楽に移動したいお母さんの意見を合わせたような1台といえるかもしれません。