2021年5月31日、以前より告知されていたLINEのカーナビアプリ「LINEカーナビ」のサービスが終了となりました。LINEとトヨタがタッグを組んで誕生したともいえるLINEカーナビとは、どのようなものなのだったのでしょうか。

1年半のサービス展開。 なぜ「LINEカーナビ」は終了するのか

 LINEのカーナビアプリ「LINEカーナビ」が2021年5月31日をもってサービスが終了となりました。
 
 LINEとトヨタがタッグを組んで誕生したともいえるLINEカーナビとは、どのようなものなのだったのでしょうか。

 LINEカーナビは、同社のAIアシスタント「Clova」で培った高精度の日本語音声認識、
音声合成技術を活用した音声インターフェースと、トヨタのハイブリッドナビエンジンを組み合わせた「AIカーナビ」でした。 
 
 同サービスは2019年9月、トヨタの初代コネクティッドカーいえる12代目「カローラ/カローラツーリング」の発売にあわせてサービスがリリースされました。

 走行中も声で操作が可能で、目的地の設定や音楽の再生、LINEメッセージの送信もできました。

 LINEとトヨタがタッグを組んで誕生したともいえる同アプリ。その開発背景について、サービス開始時にLINEの担当者は、次のようにコメントしていました。

「トヨタは、近年『コネクティッド』や『つながるクルマ』といったキーワードを基に、サービスを展開しています。

 そのようななかで、『つながる』ためのコミュニケーションアプリを提供している弊社に、トヨタから声をかけていただいたという経緯があります」

 その後、カローラの発売後にはトヨタから登場する新型車で連動出来るようになっていったLINEカーナビでしたが、2021年1月13日にLINEの公式ウェブサイト上で「5月31日をもってサービスを終了する」ことを明らかにしました。
 
 サービス開始から約1年半で終了となりますが、昨今活用される機会が多いカーナビアプリにおいて、なぜLINEカーナビは終了するのでしょうか。

 前出の担当者はサービス終了の理由について、「LINEカーナビのサービス終了の理由は、今後の方針などさまざまな要因を踏まえ検討した結果、残念ながらサービスを終了する運びとなりました」とコメントしており、ユーザー情報については「サービス終了後、ユーザー情報は廃棄致します」と説明しています。

 そして、最終日となる5月31日にはLINEカーナビから下記の案内が送られています。

「LINEカーナビは2021年5月31日をもちまして、サービスを終了いたします。

 これまでご利用いただき、心より感謝申し上げます。

 本当にありがとうございました!」

※ ※ ※

 なお、6月1日以降はアプリを開くとサービス終了のポップアップが表示され、それ以降には、各機能が使えない状態になるといいます。