トヨタの北米法人が発表した限定車「スープラ A91-CFエディション」には、どんな特徴があるのでしょうか。

アグレッシブなエアロパーツが装着された「スープラ」の限定車発表!

 トヨタの北米法人は2021年6月2日に「スープラ」の2022年モデルを発表するとともに、北米で販売される限定車「スープラ A91-CFエディション」を世界初公開しました。

 600台限定で販売されるこのモデルは、どんな特徴があるのでしょうか。

 スープラには、2リッター直列4気筒の仕様と3リッター直列6気筒の仕様が存在しますが、今回登場した限定車は3リッター直列6気筒の仕様をベースに、カーボン製のカナード付きフロントスポイラー、サイドスポイラー、カナード付きのリアアンダースポイラー、そしてダックテール形状のリアスポイラーを装着。

 車名にカーボンファイバーを意味する「CF」が冠されたとおり、さまざまなカーボンパーツが装備されている点が特徴となります。

 装着されるカーボンパーツは、サーキット走行におけるダウンフォース発生にも効果を発揮。

 内装材にはアルカンターラとレザーが用いられているほか、ヒーター付き14ウェイパワースポーツシートやカーボンファイバートリム、本革巻き3スポークステアリングホイールなどが与えられています。

 搭載される3リッター直列6気筒エンジンは382hpを発揮。パドルシフト付き8速ATが組み合わされます。

 トヨタの北米法人は、スープラ A91-CFエディションの価格を数か月以内に発表し、2021年秋にディーラーで販売開始する予定とアナウンスしています。

 それではここでクイズです。

 現行型スープラのルーフ形状には、特徴的な「ダブル●●ルーフ」が採用されています。●●に入る正しい名称は、次のうちどれですか。

【1】バブル

【2】エアロ

【3】ムーン

【4】スタンダード

※ ※ ※

 正解は【1】の「バブル」です。

 ダブルバブルルーフとは、運転席と助手席の頭上付近のルーフが少し盛り上がり、ふたこぶ状にデザインされた屋根の形状を指します。

 過去には、トヨタ「2000GT」やマツダ「RX-7」(FD型)でも採用例がありました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定