日産の新型EV「アリア」の日本専用の限定車の予約注文が2021年6月4日に開始されました。世界に先駆けて国内投入される新型アリアにはどのような特徴があるのでしょうか。

日産の新たなフラッグシップ「アリア」が予約開始

 日産は、電気自動車(EV)第2弾となる新型「アリア」の日本限定車「アリア リミテッド」を発表し、2021年6月4日より国内での予約注文を開始しました。

 日本仕様の新型アリアは、66kWhバッテリー搭載車「B6」の2WDとe-4ORCE(4WD)、91kWhバッテリー搭載車「B9」の2WDとe-4ORCE(4WD)の4グレードそれぞれに予約注文限定の「リミテッド」を設定しています。

 なお、66kWh・2WDの「リミテッド」は2021年冬にデリバリー開始。その後、リミテッドや標準仕様を発売する予定です。

 また、日本を皮切りに、北米や欧州などの世界市場でも今後予約注文が開始されます。

 2020年7月に世界に向けて発表された新型アリアは、日産が培ってきたEVのノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたスタイリッシュで革新的なクロスオーバーEVで強い加速や滑らかな走り、EVの特性を活かした静粛性を兼ね備えました。

 室内はラウンジのような心地よい高級感あふれるデザインで統一し、ドライバーや同乗者を温かく迎えます。

 先進運転支援技術の「プロパイロット2.0」や車外から操作して駐車することを可能とする「プロパイロット リモート パーキング」など、最先端の運転支援技術を標準搭載。

 ボディカラーは、「リミテッド」限定の2トーンカラー「バーガンディー×ミッドナイトブラック」「シェルブロンド×ミッドナイトブラック」をはじめとする、全5色が用意されます。

 インテリアには、心地よいドライブに一層の開放感をもたらす、「パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付、リモート機能付)」や、柔らかくプレミアムな質感のナッパレザーシート(ブルーグレー)を標準装備しました。

 さらに、アリア専用のサウンドシステム「BOSE プレミアムサウンドシステム&10スピーカー」を標準装備し、まるでコンサート会場にいるような臨場感を車内で体感することができます。

 また、「リミテッド」専用の装備として、エアロダイナミックなデザインのリミテッド専用色19インチアルミホイールカバーや、スタイリッシュなキッキングプレート(ARIYAロゴ付LED)をフロントとリアドアに設定。

 さらに、日本の伝統美と先進性を融合したインテリアにふさわしい枯山水をモチーフとしたリミテッド専用色フロアカーペットも用意されます。

新型アリアの日本限定モデルのオンライン発表会に登壇した日産自動車 執行役副社長の星野朝子氏は、次のように述べています。

「2020年7月に発表した日産の新たなフラッグシップモデルとなる、100%電気自動車のアリア。本日より世界に先駆けて日本で予約注文を開始します。

 日産の強みである電気自動車とクロスオーバーを融合したアリアは、ひと踏みでみなさまを虜にする速さやスムーズさなど、素晴らしく快適なドライビングができるように仕上がっています。

 また、シームレスなコネクテッドの技術を搭載し、これまでにない楽しいドライビング体験を提供するとともに、日産の新たな技術を満載して登場します」

 さらに星野氏は、新型アリア リミテッド予約注文の開始にあわせ、日産初となるグローバル共通の予約専用サイトを開始することを明らかにしました。

「あらゆる業界で、購買行動がデジタルにシフトするなか、アリア専用のデジタルな取り組みとしてクルマの購入におけるベンチマークとなる画期的なツールを開発しました。

 日本ではアリア専用のメンバーズサイト『クラブアリア』に入会いただきますと、購入の検討段階からすべてのタッチポイントでさまざまな購買行動をバーチャルに体験することができます。

また、オンライン限定のさまざまなイベントへの参加や納車後のアフターフォローまで、専用サイトを通じて色々なことを体験できるので、楽しみにしてください」(前出:星野氏)

※ ※ ※

 今後、会員は、発売までの間に日本各地で開催するリアルな試乗会などに参加できるなど、さまざまな企画が計画されているようです。

 限定車「リミテッド」の価格(消費税込)は、「B6 リミテッド」(2WD)が660万円、「B6 e-4ORCE リミテッド」(4WD)が720万円、「B9 リミテッド」(2WD)が740万円、「B9 e-4ORCE リミテッド」(4WD)が790万円です。

 なお、今回の「リミテッド」発売後に販売を開始するアリア標準車の実質購入価格は、省庁や各自治体からの補助金を適用すると約500万円からになる予定です。