近年では、国産スポーツカーが海外市場に流出することで中古車相場が高騰しています。そんななかで、通称「ケンメリ」こと4代目「スカイライン」のなかには「GT-R」ではないにも関わらず、1500万円超えの価格で販売されているといいます。

親しみやすさを強調した「ケンとメリーのスカイライン」

 今では日本のみならず海外でも人気がある日産の「スカイライン」は、歴代モデルそれぞれに多くのファンが存在します。
 
 なかでも、「ケンメリ」の愛称で呼ばれる4代目スカイラインは中古車市場での高騰が続いているなかで、1500万円を超える価格の固体が発見されました。

 スカイラインは、日産を代表する長い歴史を刻んでいるモデルであり、1957年に初代がプリンス自動車から登場して以来、日本が誇るスペシャリティカーとして君臨しています。

 また、モータースポーツでの活躍を至上命題として開発された高性能仕様の「スカイラインGT-R」は、日本のスポーツカーの代表格として、世代を問わず愛されています。

 なかでも3代目スカイライン(通称:ハコスカ)の人気は高く、とくにGT-Rとして初代となるハコスカGT-Rは、海外のコレクター向けオークションで2000万円を超える値で取引されるなど、その歴史的価値はすでに多くの人に知られています。

 一方、次世代のケンメリGT-Rは、生産台数がわずか200台程度という希少性から、過去には5000万円という価格で取引された事例もあるようです。

 そして近年では、“GT-Rではない”4代目スカイラインも、徐々に中古市場での価格が高騰し、1000万円を超える個体も見られるようになってきました。

 1972年に登場した4代目スカイラインは、4ドアセダン(通称ヨンメリ)のほかに2ドアハードトップクーペ(通称ケンメリ)、ステーションワゴン/ライトバン仕様が存在。

 1970年代から1990年代にかけて登場したスカイラインシリーズのアイコンともいえる、丸型4灯のテールランプはこの4代目スカイラインからはじまりました。

 4代目は、歴代のスカイライン史上でも爆発的な販売台数を記録し、クルマそのものが優れていたことはもちろんですが、その背景には巧みなマーケティング戦略があったことが知られています。

 1960年代、クルマはまだまだ高級品・嗜好品であり、裕福な年配の男性が購入層の中心を占めていました。

 その後、モータリゼーションが進むなかで、日産は3代目スカイラインに「愛のスカイライン」というキャッチコピーを与えることで、親しみやすさを強調。

 2代目からモータースポーツで活躍していたスカイラインは、とくに硬派なイメージが強かったこともあり、このキャッチコピーは衝撃を与えました。

 そして、4代目スカイラインではその路線を継承し、若い男女がスカイラインに乗って日本各地を旅するという広告を展開。

 この広告に登場する若い男女が「ケン」と「メリー」であり、「ケンメリ」の由来となっています。

 当時は、過激な学生運動が盛んにおこなわれるなど、変革と闘争の時代だった1960年代が終わり、人々は心の安らぎを求めていた1970年代。「ケンとメリーのスカイライン」は時代に即したモデルとして大ヒットすることになります。

 そんなケンメリですが、1500万円を超えるプライスタグの付けられた個体が販売されています。

 東京に拠点を置く中古車販売店TPEでは、1974年式のスカイライン、2ドアハードトップクーペの「GT」グレードを在庫車両としてラインナップしていますが、2021年6月5日現在、1575万円で販売しています。

 この個体の走行距離はメーター読みで5万7000km超であり、コレクターなどによって倉庫で保管されていたような極端な低走行車というわけではありません。

 このクルマの紹介文には、コンディションが「Used(使用感あり)」と表記されている通り、内外装ともに相応の使用感が見られます。

 さらにいえば、過去のオーナーや事故歴、修復歴についても不明となっています。それでも、ほぼノーマルのまま残されているということもあり、1500万円オーバーの価格となっているようです。

 近年では、国内外問わず旧車の価格が高騰していますが、スカイラインのようなビッグネームモデルはその傾向がとくに顕著です。

 保有していればほぼ確実に価値が上がると考えられていることから、投機目的での購入も少なくないといわれますが、いずれにせよ多くの人がスカイラインのクラシックモデルに注目していることは間違いないようです。