キャンピングカー市場の業界団体となる一般社団法人日本RV協会は、2021年6月7日に2020年の同市場動向を発表しました。近年のアウトドアブームに加えて、新型コロナ禍の影響もあり好調といわれるキャンピングカー市場はどのような状況なのでしょうか。

キャンピングカーの販売総額は582億円!広がるキャンピングカー需要

 キャンピングカー市場の業界団体となる一般社団法人日本RV協会は、2020年のキャンピングカーユーザーや業界の動向を2021年6月7日に調査発表しました。

 新型コロナ渦で注目が増すキャンピングカーですが、その実態はどのようになっているのでしょうか。

 一般社団法人日本RV協会のキャンピングカー白書2021によると、2020年のキャンピングカー保有台数は約12万7400台となり、前年比106.7%増加しています(生産台数、輸入台数、販売台数、廃車台数より算出)。

 国内のキャンピングカー保有台数は増え続けており、2016年に10万台を超えてから、順調にその数値を伸ばしています。

 同時にキャンピングカーの生産台数も伸びており、2020年は7,000台を超え前年比115.3%に成長しています。

 生産台数の比率はトヨタ「ハイエース」などのバンをベースとしたバンコンが全体の31.2%を占めており、また軽自動車ベースのモデルを除外した数値でも、小型トラックをベースにしたキャブコンの31.0%を抑えて37.0%となっていることから、国内生産台数のバンコン占有比率が高く、その人気ぶりがわかります。

 軽自動車ベースの車両を注目してみると、軽キャブコンは前年比83.6%でしたが、軽バンコンは144.7%と増加。また軽自動車ベースの8ナンバー以外の車両も、前年比で161.2%と増えていることから、軽ベースのキャンピングカーの生産台数が増加していることが分かります。

 市場規模では、新車・中古車のキャンピングカー、8ナンバー以外となるキャンピングカー仕様車の新車・中古車すべての販売を合わせて、キャンピングカーの販売総額を集計したところ、2020年は582億2,389万円となりました。

 2017年から推移を見ると、2017年が424億円、2018年が458億円、2019年が526億円、2020年が582億円と堅調な成長を見せています。

コロナ渦で注目されるキャンピングカー、しかしなかには遠出を控える人も

 キャンピングカー白書2021ではキャンピングカーユーザーの行動についてもアンケートを実施、結果をまとめています。

 新型コロナ禍の影響を受け、キャンピングカーユーザーの行動にはどのような変化があったのでしょうか。

 キャンピングカーの利用に変化があったユーザーの回答でもっとも多かったのが、「旅行を計画しなくなった」(52.3%)です。

 キャンピングカーユーザーは活発に活動する人が多いイメージですが、新型コロナ禍の影響によって、旅行自体を諦める人がたくさんいるようです。

 一方、次に多かったのが「近隣エリアを目的地にするようになった」(49.2%)で、「3密を避ける場所を目的地とするようになった」(46.1%)となっています。

 行動範囲が制限されつつも3密を避けられるキャンピングカーで近隣の目的地に行くという行動も一定数存在するようです。

※ ※ ※

 キャンピングカーは、移動しながら生活するための設備が整っており、ライフラインともいえる電源の確保もできるため、レジャーとして利用していても災害が発生した際には、シェルターとして活躍します。

 実際に「キャンピングカーは災害時に活躍すると思うか」という質問を、キャンピングカーユーザーに聞いてみたところ、99.2%の人が活躍すると答えました。

 ほとんどの人が、災害時の活用を意識しているという結果になり、防災意識もキャンピングカー人気の一要因であることがうかがえます。