富士スピードウェイで開催されたトヨタ「86」とスバル「BRZ」のファンイベントでは、新型「GR86」や新型「BRZ」やそれらのカスタマイズモデルを展示。そのなかで、初代86のデザイナーが手掛けたエアロパーツがサードからお披露目されていました。

初代86デザイナーが手掛けた!? 新型GR86のカスタマイズパーツとは

 2021年6月6日に富士スピードウェイにて開催された「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」というイベントでは、多くの86&BRZファンが集まりました。
 
 目玉となったのは、トヨタ新型「GR86」とスバル新型「BRZ」やカスタマイズブランドの試作車などの展示です。
 
 正式発表(発売)前ながら、大々的にお披露目されたのは異例のことでしたが、そのなかでも独特のスタイルを表現していたのがSARDです。

 今回のイベントでは、新型GR86用の純正カスタマイズパーツとして、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが販売する「GR PARTS」。

 そのほか、TOM’S、BLITZ、HKS、CUSCO、TRUST、SARDなどのカスタマイズモデル(試作車)が展示され、それぞれ異なる個性を打ち出していました。

 そのなかで、SARDの新型GR86用のカスタマイズパーツはコンプリート販売を視野に入れた開発をおこなっているといいます。

 SARDは、1985年に設立され同年に「グループAレース」に「SARD SUPRA」で参戦して以降、現在でもスーパーGTなどさまざまなモータスポーツで活躍しています。

 一方で、エアロパーツを始めさまざまなカスタマイズパーツを展開。

 なかでも2012年に登場した現行86のエアロパーツでは、「GT1」「GT3」そして現行86のデザイナーだった古川高保氏が手掛けた「GT1 KOUKI」がラインナップされています。

 そして、今回の新型GR86用に開発された「SARD GR86 GT1 コンセプト」でも古川氏が関わっているといい、モータスポーツで培った知見をフルに取り入れた高性能・高品質かつオリジナリティに溢れたコンセプトマシンです。

 低重心かつワイドに構えたデザインや、風を切るエアロダイナミクスなどドライバーとマシンの一体感を演出。

 インテリアでは、レッド×ブラックの2トーンカラーが特徴的なシートカバーも用意されています。

※ ※ ※

 2021年4月5日に「GRスープラ」、「GRヤリス」続いて、TOYOTA GAZOO Racingが展開するグローバルモデル第3弾として新型GR86はお披露目されました。

 日本での販売は2021年秋頃を予定しているといいますが、すでにさまざまなカスタマイズブランドが新型GR86を盛り上げるパーツを用意しています。

 今後、発売に向けてこの盛り上がりはさらに加速するかもしれません。