ブラバスがメルセデスAMG「GLS 63 4MATIC+」をチューニング。最高出力800ps、最大トルク1000Nmのモンスター フルサイズSUVは、ボディメイクにも注目の1台だ。

スーパースポーツと変わらないダッシュ! 800ps & 1000Nmは伊達じゃない

 ブラバスの800シリーズが、次々にそのバリエーションを増やしている。今回ブラバスが発表したのは、メルセデスAMG「GLS 63 4MATIC+」がベースとなっている。

 GLSは、オフローダー的な性格を持つGクラスを除けば、メルセデス・ベンツのSUVシリーズで最高級、最高性能を誇るシリーズである。市場での人気はもちろん高く、とくにボディサイズに大きな制約のないSUVの聖地アメリカでは、GLSの使い勝手にも大きな不満はないと聞く。

 ブラバスが、800シリーズにメルセデスAMG GLS 63 4MATIC+を加えたのも、このような事情を考えれば当然の選択だったのだろう。

 フロントグリルの左側2本は、例によってレッドのシグネチャーストライプとされ、このグリルの左右にはより効率的にエアを取り込むためのエアインテークが設けられている。さらに車体左側のインテークには、コンパクトなブラバスのエンブレムもフィットされている。

 このグリルの下に組み合わされるフロントスポイラーは、もちろん高速域でのダウンフォースをより増大させるためのもの。ブラバスによれば、これによって高速域でのハンドリングはより魅力的なものになるという。

 前後のホイールは、ついに24インチ径にまで拡大されることになった。画像のモデルに装備されているのは、ハイテク鍛造ホイールの「PLATINUM EDITION」で、その存在感はさすがに大きい。さらにこのホイールやサイドビューをスポーティに見せたければ、ブラバスの用意するネイキッドカーボン ボディワークコンポーネントを選択すれば、究極的なスポーティな性格と品質を、誰もが瞬時に理解してくれるはずだ。

 フロントのエンジンルームに搭載されるパワーユニットは、ネーミングが物語るとおり最高出力800ps、最大トルク1000Nmを誇る4リッターV型8気筒ツインターボだ。ベースのGLS 63 4MATIC+からのエクストラは、最高出力で185ps、最大トルクでは150Nmにもなる。

 ブラバス製のツインターボキットを装着していることや、強化されたスラストベアリングが1.6バールの最大ブースト圧を可能にしていることなどが、そのパワーの源となっている。

 GLSの大柄なボディを加速させるに十分のパワーといっていいだろう。参考までに、2.6tにも達するGLS 63ベースのブラバス800の0−100km/h加速はわずかに3.8秒。最高速こそリミッターによって280km/hに制限されているが、まさに驚異のフルサイズSUVと評してもよい1台ではないだろうか。