日産が2021年6月15日に発表した新型「オーラ(ノートオーラ)」は、同社の「ノート」をベースにさまざまな面でグレードアップしたコンパクトカーといえますが、具体的にはどんなクルマなのでしょうか。

「アリア」との共通性もあるデザインを採用

 日産は2021年6月15日に新型「オーラ(ノートオーラ)」を発表、2021年秋に発売すると明らかにしました。内外装からパワートレインに至るまで、ベース車の「ノート」からグレードアップした仕様として登場しますが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 ノートと新型オーラの違いを見ると、全幅はノートが1695mmと5ナンバーサイズに抑えられているのに対し、新型オーラは1730mmに拡大され3ナンバーサイズ化。

 フロントフェイスに関しても、新型オーラはノートと異なるオリジナルデザインが与えられており、ヘッドライト/テールランプまわりは日産が2021年冬に発売を予定している「アリア」との共通性も感じる意匠となっています。

 内装は、インパネやシフト周りに木目調フィニッシャーが採用されたほか、随所にツイード調織物が配され、質感の高い雰囲気を実現。メーターも、ノート(7インチ&5インチTFT液晶メーター)からグレードアップした12.3インチTFTメーターが搭載され、先進感が演出されました。

 さらに、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計した「ゼログラビティシート」を全席に採用したほか、遮音性の向上、プレミアムオーディオ「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」の設定(メーカーオプション)など、移動時間をより上質なものにしています。

 新型オーラは、搭載される電動パワートレイン「e-POWER」の駆動用モーターもパワーアップ。ノート(2WD仕様)が最高出力116馬力・最大トルク280Nmのフロントモーターを搭載するのに対し、新型オーラ(2WD仕様)は最高出力136馬力・最大トルク300Nmのフロントモーターを採用しました。

 最高出力で20馬力、最大トルクで20Nm分向上し、余裕ある走りを実現しています。

 新型オーラの車両価格(消費税込)は、2WD仕様が261万300円から269万9400円、4WD仕様が286万8800円から295万7900円です。

 それではここでクイズです。

 新型オーラにも搭載される電動パワートレインのe-POWERには、アクセルペダルを戻すだけで強い減速力を発生させ、“ワンペダル感覚”の走りを楽しめる機能がありますが、その機能名は次のうちどれでしょうか。

【1】e-POWER Drive

【2】e-Pedal

【3】エコペダル

※ ※ ※

 正解は【1】の「e-POWER Drive」です。

 e-POWERに搭載されるe-POWER Driveは、通常の走行モード(ノーマルモード)と比べてアクセルペダルを戻したときに強く減速するので、頻繁に加減速が必要なシーンでアクセルとブレーキペダルの踏み替え回数を減少させる効果があります。

 なお、新型オーラとノートに搭載されるe-POWER Driveは減速性能をチューニングしたことで、より自然でなめらかに減速。幅広いシチュエーションで快適に走行できます。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定