まさに「小さな高級車」といえる日産新型「オーラ」。ベース車の「ノート」と価格差はおよそ40万円ですが、そんな新型オーラにオプションをフル装備するとどんな仕様になるのでしょうか。

ベース車「ノート」との価格差は?

 日産は2021年6月15日に新型「オーラ(ノートオーラ)」を発表、2021年秋に発売すると明らかにしました。内外装からパワートレインに至るまで、ベース車の「ノート」からグレードアップした仕様として登場しますが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 新型オーラのグレードは、ベースグレードの「G」と、本革シートが与えられる「Gレザーエディション」の2種類。ともに2WDと4WDが設定されます。

 本革シートはブラックとエアリーグレーの2色から選択できるほか、Gレザーエディションでは通常はメーカーオプションとなる寒冷地仕様が標準装備となる(クリアビューパッケージ除く)のもポイントです。

 今回は、最上級グレードとなるGレザーエディションの4WD仕様(車両価格295万7900円)を選択します。

 そして、新型オーラには2トーンカラーも含め全14色のボディカラーが設定されていますが、このなかでもっとも高額なオプションカラーとなるのが「ガーネットレッド/スーパーブラック 2トーン」です。

 新型オーラの広告にも用いられる、ベース車のノートには設定のないボディカラーとなります(ガーネットレッド単色はノートにも設定あり)。オプション価格は8万2500円です。

 そして、新型オーラに設定されるメーカーオプションについて、日産はふたつのセットオプションを設定しています。

 新型オーラの4WD仕様の場合、ナビリンク機能付き「プロパイロット」をはじめとした「◆1」と、クリアビューパッケージ(ワイパーデアイサー、リアLEDフォグランプ)の「◆2」が設定されます。

 ナビリンク機能付きプロパイロットは、◆1のなかに含まれる「NissanConnectナビゲーションシステム」と連動して運転操作をサポートする機能です。

 高速道路上でセットすることで車間距離のキープやハンドル操作のアシストをおこなうほか、カーブ手前では地図情報をもとに車速をコントロールすることで、長距離移動でのストレスを低減します。

 ナビリンク機能付きプロパイロットやNissanConnectナビゲーションシステムのほかに、◆1には「統合型インターフェイスディスプレイ」「BOSEパーソナルプラスサラウンドシステム」「ETC2.0ユニット」「プロパイロット緊急停止支援システム」「SOSコール」などが含まれます。オプション価格は40万1500円です。

※ ※ ※

 今回、新型オーラで選択したメーカーオプションは、前述の装備も含めて全部で4つです。そして、ディーラーオプションの定番品となるフロアカーペットを含むと、オプション装備の一覧は次のようになります。

●メーカーオプション(総額:51万3920円)

・有償色:ガーネットレッド/スーパーブラック 2トーン(8万2500円)

・セットオプション:◆1(41万1500円)

・セットオプション(クリアビューパッケージ):◆2(2万2000円)

・NissanConnect スタンダードプラン+(7920円)

●ディーラーオプション

・フロアカーペット プレミアム 消臭機能付(2万9700円)

※ ※ ※

 以上の装備を選択した新型オーラ Gレザーエディション 4WD仕様の価格は351万1520円となりました。

 ナビリンク機能付きプロパイロットをはじめとしたハイテク機能や、統合型インターフェイスディスプレイ、BOSEパーソナルプラスサラウンドシステムなどの先進装備などが備わる新型オーラのフル装備仕様は、車格を超えたプレミアム感を味わえる一台に仕上がっているといえるでしょう。