ホンダが北米で新型電動SUV「プロローグ」を2024年初めに発売する予定と発表しました。アキュラからも、2024年中にEVのSUVを発表する予定です。

GMとの共同開発モデルを2024年初めに投入

 ホンダの米国法人は、2021年6月28日に北米地域における今後の電気自動車(EV)投入計画を公表。
 
 そのなかで、北米におけるEV量販モデルラインアップの第一弾として、ホンダブランドから新型SUV「プロローグ」を2024年の初めに発売すると発表しました。

 ホンダは、2021年4月の三部敏宏社長就任会見において、2050年にホンダが関わるすべての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを実現するため、北米地域においても、2040年までにEV・FCVの四輪販売比率100%を目指すことを明らかにしています。

 そのうえで、ホンダは前述のとおり2024年の初めに新型EVのプロローグを発売するほか、ホンダが海外で展開する高級ブランド「アキュラ」からも、2024年中にEVのSUVを発表する予定です。

 いずれも、ゼネラルモーターズ(GM)の「アルティウム」バッテリーを採用した両社共同開発のモデルとなります。

 さらに前述の2モデルに加えて、2020年代後半にはホンダが開発を主導する新EVプラットフォーム「e:Architecture(e:アーキテクチャー)」を採用したモデルを投入予定としています。

 ホンダの米国法人(アメリカン・ホンダモーター)のデイブ・ガードナー上級副社長は、次のようにコメントします。

「ホンダが電動化に向けた舵を切るための最初の量販EVとなる新型SUV『プロローグ』は、その名のとおり、カーボンニュートラルの実現に向けた先駆けとなる重要なモデルです。

 このプロローグを、ホンダならではの優れた機能性と実用性を備えた、魅力的な製品としてお客さまにお届けします」

※ ※ ※

 なお、ホンダはこれまでに中国市場専用として先代「ヴェゼル」ベースのSUVタイプ(EV)を現地ブランドで販売しているほか、近年では中国でホンダブランドとして初のEVの投入も明らかにしています。
 
 さらに、欧州や日本でも都市型コミニュティーモデルとして「ホンダe」を販売するなど、積極的にEVを展開しており、今回のゼネラルモーターズとの取り組みのそのひとつです。

 今後、ホンダは「カーボンニュートラルの実現」のために各市場に合わせた電動化戦略をおこなっていくとみられます。