メルセデス・ベンツ日本は2021年7月1日、新型「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表し、先行予約の受付を開始しました。なお納車は同年11月を予定しています。

全長5469mmは「Sクラスロング」より180mm長い

 メルセデス・ベンツ日本は2021年7月1日、新型「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表し、先行予約の受付を開始しました。なお納車は同年11月を予定しています。

 新型メルセデス・マイバッハSクラスは、メルセデス・ベンツ「Sクラス」の持つ完成度の高さやハイテク機能と、マイバッハの持つ独自性や伝統を融合させたモデルで、2020年11月にデジタルで世界初公開されました。

 ボディサイズは全長5469mm×全幅1921mm×全高1510mm、ホイールベースは3396mmです。これは通常ボディのSクラスよりも全長は290mm、ホイールベースで290mm長く、ロングボディのSクラスよりも全長で180mm、ホイールベースで180mm長いサイズとなります。

 クラシックな3ボックスのセダンタイプで、フロントはクロームメッキのフィンを備えたボンネットと、メルセデス・マイバッハ専用のラジエーターグリルが特徴となります。ボンネットの上にはメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターが輝いています。

 ホイールベースが延長されていますが、乗降性の向上も図ったリアドアと、より垂直に近い角度のCピラーにより、バランスの取れたサイドビューを実現。Cピラーには固定型のクオーターライトと、特別なステータスを強調するマイバッハブランドのエンブレムを配置しています。さらにドアハンドルは格納型とし、空力性能の向上とともに、シンプルでクリーンなデザインとしているのが特徴です。

 20インチの鍛造マルチスポークアルミホイールを標準装備、さらにオプションで21インチの鍛造マルチスポークアルミホイールを選択することが可能です。

 インテリアは、新型Sクラスの革新的なデザインに基づいてます。デジタルとアナログが調和され、センターコンソールには大型勇気ELメディアディスプレイ、そして高級素材や精巧なクラフトマンシップが独特で上質な室内空間を作り上げています。

 ホイールベースの延長は、すべて後席の拡充にあてられています。後席左右のエグゼクティブシートは、座面とバックレストを別々に調整することが可能で、バックレストのリクライニング角度は最大43.5度、もっとも起こした角度は19度に設定されています。

 4人乗り仕様の「ファーストクラスパッケージ」(オプション設定)を選択すると、後席が左右独立シートになり、クーリングボックス、格納式テーブルやシャンパングラスも装備されます。

 さらに後席ドアには電動開閉機能を標準装備として採用しています。ホイールベースの延長でリアドアも大きく重くなっていますが、この装備のため傾斜のある路面でも容易に開閉することが可能です。

 また高い静粛性を実現した新型Sクラスに加えて、リアホイールハウス周辺部に発泡吸音材を追加、ノイズ軽減タイヤを採用するなどで追加のノイズ低減技術も採用されています。さらにアクティブノイズキャンセレーション機能を採用。これは逆位相の音波を発生させて不快な低周波ノイズを低減されるもので、乗員の耳には聞こえません。

2グレードを用意 V12モデルは612馬力・900Nm!

 今回受注が開始されたモデルは、「S580 4MATIC」と「S680 4MATIC」の2グレードです。

 S580 4MATICは最高出力503馬力・最大トルク700Nmを発生する4リッターV型8気筒ガソリン(M176型)に48ボルトハイブリッドシステム「ISG」を組み合わせたエンジンを搭載しています。ISGにより、20馬力・200Nmを短期間に発生することが可能で、さらに低中負荷域では気筒休止する機能も備えており、燃費性能も配慮されています。

 またS680 4MATICは612馬力・900Nmを発生するV型12気筒エンジン(M279型)を搭載しています。

 両グレードともトランスミッションは9Gトロニック(9速AT)、また4輪駆動の4MATICと組み合わされます。

 車両価格は、メルセデス・マイバッハS580 4MATICが2648万円(消費税込、以下同)、メルセデス・マイバッハS680 4MATICが3201万円です。

※ ※ ※

 またオプションで「リアアクスルステアリング(4WS)」も用意されます。

 これは駐車の際など低速な範囲では最大10度リアホイールを傾けるもの。約60km/h以下ではリアをフロントとは逆方向に最大4.5度傾け日常での取り回しを向上。約60km/hを超えるとリアをフロントと同位相に最大3度操舵することで、走行安定性を大きく高めます。

 またメーカー純正オプションとして、AR(拡張現実)ナビゲーションをフロントウインドウに投影するシステムを選択できます。従来目的地を設定して行き先案内をする場合、地図上に進むべき道路がハイライトされますが、それに加えて車両の全面に広がる現実の景色がナビゲーションの一部に映し出され、進むべき道路に矢印が表示されます。さらにフロントウインドウのヘッドアップディスプレイ上に進むべき道路が約10m先の景色に重ねて矢印で表示されます。