ドイツのチューナーであるマーンハートが、ランドローバー「ディフェンダー」をチューニング。500ps以上のパワーで、格上の「ディフェンダーV8」に挑戦する。

ブランド内下剋上を狙ったディフェンダー

 パワー志向でお馴染みドイツ・チューナー、マーンハートからニューモデルが誕生した。今回彼らがベースに選んだのは、意外なことにSUVであった。大きなボディを持つランドローバーの5ドア版「ディフェンダー110」の「P400」がベースである。

 ブラバスなど他社の例を見れば、SUVチューニングを望むカスタマーが多数いることは確かである。しかし、ランドローバーのチューニングにすでに進出している世界的に名を知られるチューナーは、ブラバス・グループのスターテックやACシュニッツァーぐらいだ。ビジネスとしては目のつけどころは悪くはない。

●112馬力アップしたディフェンダー

 マーンハート「DP500」のベースは、イギリスなどの市場で販売されている、ディフィフェンダーラインナップではスポーツバージョンとなるP400である。

 ベースとなったP400に搭載されるエンジンは、3リッター直列6気筒ターボで、電動スーパーチャージャーとマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。最高出力は400ps、最大トルクは550Nmと、まさにマーンハートにとっては、恰好の「獲物」といっていいだろう。

 マーンハートといえば、何をおいてもまずはエンジンのスペックに注目が集まってしまう。彼らがターゲットとしたパワースペックは512ps。これはディフェンダーのエンジン制御プログラムをリニューアルすることで可能とされた数字だ。これによって5リッタースーパーチャージドV型8気筒エンジンを搭載する「ディフェンダーV8」(日本未導入)の525psに肉薄することになり、P400のカスタマーには魅力的なチューニングである。

 マーンハートの新作DP500には、さまざまなオプションが用意されている。カーボン、もしくはセラミックでコーティングされたテールパイプのいずれかが選択できるステンレス製のエグゾースト・システム、強化型のブレーキシステムなどがそうだ。

 さらにエアサスペンションの最適化もカスタマーのリクエストによって可能となり、ソフトウエアの調節、もしくはカップリングロッドを使用して車高を30mm低下させることができる。

 前後のホイールは24インチ径の鍛造ラインホイールだ。組み合わせられるタイヤは295/30ZR24サイズ。より小さなサイズを求めるオフロード志向のカスタマーのためには22インチ径のホイールによるセットを組むこともできるという。

●塊感アップの外観

 エクステリアのフィニッシュも、より本格的なオフローダーらしく、タフなイメージに生まれ変わった。車両をよりワイドに見せるためのウイングフレア、ボディ同色のエンジンカバー、黒いボディワークに適用されたシルバーのストライプ等々である。オリジナルパーツは、今後さらに増えていくに違いない。

 インテリアは高品質のアルカンターラレザーが奢られ、運転席、助手席にはレカロ製電動シートを装備。このレカロ製シートには、ヒーターとベンチレーション、さらにサイドエアバッグが装備されている。

 続々とニューモデルの数を増やし続けるマーンハート。次なる一手は何をベースに作られるのか。世界のファンはそれを今から期待している。