「新車未登録コレクション」をテーマに開催される第2回コレクションカーオークションでは、日産「スカイラインGT-R V-SPEC II Nur(BNR34)」やポルシェ「911 スピードスター(997)」が出品されます。

GT-Rに911スピードスター、幻の新車未登録車両がオークションに登場

 ヤフーとBH AUCTIONは、ヤフーが運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」にて、2021年6月14日より希少価値の高い名車やレーシングドライバースーツなどのオークション「コレクションカーオークション」を開催しています。

 2021年7月5日にも同オークションが開催されますが、どのようなクルマが出品されるのでしょうか。

 2021年7月5日に開催されるオークションは第2回となり、「新車未登録コレクション」をテーマとしております。

 新車未登録とは、ディーラーから新車販売された車両ではあるものの、ナンバー登録が一度もおこなわれず、現在まで公道を走っていない未使用状態で保管されている希少価値の高いクルマのことです。

 今回出品されるクルマの中には、走行距離10kmの新車未登録の日産「スカイラインGT-R V-SPEC II Nur(BNR34)」があります。

 第2世代GT-Rの最終進化モデルであるBNR34型。さらにそのファイナルエディションとして発売されたのが、V SPEC II Nurと、M SPEC Nurです。

 生産台数は1000台。V SPEC II Nurの生産台数は700台といわれ、その中でも、ホワイトは約160台が生産されたといいます。

 そのほかにも、世界中で価格が高騰する空冷のポルシェ「911カレラ4(993)」、世界限定356台の中でも幻の右ハンドル仕様であるポルシェ「911スピードスター(997)」が色違いで2台(白と青)。

 そしてアメリカンマッスルカーとして親しまれている1996年製シボレー「コルベット グランスポーツ クーペ」が出品されます。

 さらに、ドリフト競技D1グランプリへの参戦用に徹底的なチューニングが施された日産「シルビア(S15)」が登場します。

 走行距離はスカイラインGT-Rが前出の通り10km、911 スピードスターの白が3km、青が2km、911カレラ4が196km、コルベットが98マイル(157km)、シルビアが208kmです。

 スタート価格は、それぞれスカイラインGT-Rと911スピードスター(997)2台が5000万円、911カレラ4(993)が3000万円、コルベットが810万円、シルビアが370万円です。