トヨタのスポーツカー「86」がフルモデルチェンジして2代目モデル「GR86」が登場します。日本では「ハチロク」と呼ばれていますが、海外では一体何と呼ばれているのでしょうか。

「86」は「ハチロク」か「ハチジュウロク」か?

 トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」の新型モデルがフルモデルチェンジし、2021年秋頃に「GR86」として発売される予定です。
 
 日本では「ハチロク」と呼ばれていますが、海外では一体何と呼ばれているのでしょうか。

 初代86は2014年に登場。トヨタとスバルの共同開発で誕生したスポーツカーで、スバルでは「BRZ」として販売されています。

 86という車名は、1983年代に発売され、人気自動車漫画「頭文字D(イニシャルD)」に登場したことでも知られる4代目「カローラレビン/スプリンタートレノ 」の型式である「AE86型」に由来しています。

 トヨタは初代86について、「AE86型カローラレビン/スプリンタートレノ(通称:ハチロク)のように、お客さまに愛され、育てていただきたいという想いから命名した」と車名に込めた意味を説明しています。

 日本では86として販売された初代モデルですが、欧州などでは「GT86」として販売。北米では、当初「サイオン」ブランドのモデルとして「FR-S」という車名で販売されていましたが、サイオンが廃止されたあと、トヨタブランドから86として販売されました。

 日本でも海外でも86という車名は変わりませんが、海外での86は現地で何と呼ばれているのでしょうか。

 英語での86は「eighty six(エイティ・シックス)」、フランス語では「quatre-vingt-six(キャトル・ヴァン・スィス)」と呼ばれています。

 どちらも数字の86(ハチジュウロク)の英語・フランス語読みで、海外では「ハチジュウロク」を現地の言葉でそのまま読んでいるケースが多いようです。

 一方、中国で86は「パー・リュウ」と呼ばれており、日本と同じく「ハチ」「ロク」と数字を区切って読みます。

 なお、新型となる2代目は、「GRスープラ」「GRヤリス」に次ぐGRブランド第3弾として、日本でも海外でも「GR86」という車名になります。

 86のほかにも数字が車名になっている国産車としてホンダ「S660」がありますが、「エス・ロク・ロク・マル」とアルファベットと数字をそれぞれ区切っています。

 輸入車でもBMW「320i(サン・ニー・マル・アイ)」、プジョー「208(ニー・マル・ハチ)」といったモデルでは、数字を区切って読むとともに、「0」は「ゼロ」ではなく「マル」と読むなど、日本人は独特の方式で数字の車名を呼んでいるのです。

※ ※ ※

 近年のマツダは日本名の車名を廃止し、世界で用いられている数字の車名に変更しています。

「デミオ」は「マツダ2」、「アクセラ」は「マツダ3」、「アテンザ」は「マツダ6」へと変更されましたが、マツダの場合はグローバルでの車名と同じく「マツダ・ツー」「マツダ・スリー」「マツダ・シックス」と呼びます。

 SUVの「CXシリーズ」についても、「CX-5(シー・エックス・ファイブ)」や「CX-30(シー・エックス・サーティ)」と数字はそのまま英語読みしています。

 なお、「ロードスター」は海外では「MX-5」という車名で販売されており、米国では「MX-5 MIATA(ミアータ)」という名称で販売され、ファンからミアータとして親しまれています。

 しかしマツダは、「ロードスターは国内の愛称で、マツダの財産ともいえるモデルなので海外名に統一しない」と説明。そのため、日本でロードスターが「エム・エックス・ファイブ」と呼ばれることはないようです。