ランドローバー先代「ディフェンダー」の6輪駆動車バージョンである「フライングハンツマン6×6」が、Chelsea Truck Companyから販売されています。どのようなクルマなのでしょうか。

ランドローバー「ディフェンダー」が6輪駆動車に!?Chelsea「フライングハンツマン6×6」

 ランドローバー「ディフェンダー」やジープ「ラングラー」、メルセデス・ベンツ「Gクラス」のような、本格オフロード車向けのホイールやマフラー、エアロパーツなどを製造・販売している「Chelsea Truck Company(以下Chelsea)」。
 
 Chelseaはランドローバー先代「ディフェンダー」の6輪駆動車バージョンである「フライングハンツマン6×6」を制作・販売しています。

 6輪駆動車といえば、メルセデス・ベンツ「AMG G63」をベースに6輪駆動化した「G63 AMG 6×6」が思い浮かぶ人もいるかもしれません。

 フライングハンツマン6×6は先代ディフェンダーのピックアップモデルをベースに、ボディを880mm延長、車輪を2つ増やし6輪駆動車化したクルマです。

 エンジンはシボレー「コルベット」に搭載されているGM製6.2リッターV型8気筒LS3エンジンを搭載し、6速ATを組み合わせ、オリジナルのディフェンダーを凌駕する435馬力を発揮します。

 エクステリアはフロントとリアのワイドフェンダーやリアのロールバー、フロントグリル、フロントバンパー、マフラー、ホイールなどあらゆるエクステリアパーツを変更。

 インテリアも、シートやハンドル、ルーフ、ドアパネル、ブレーキ・アクセルペダルまでカスタマイズがされています。

 2021年7月現在Chelseaのホームページ内で、エクステリアがマットブラック、インテリアがレッドの1台が販売されており、49万9999ポンド(日本円換算で約7685万円)で販売されています。

※ ※ ※

 6輪駆動車といえば、前述のG63 AMG 6×6やヘネシーパフォーマンス「VelociRaptor 6×6(フォードF150ベース)」、サウスフロリダ「アポカリプス(ジープラングラーベース)」などさまざまなクルマが6輪化されています。

 いずれもベース車両の倍以上の金額で、全長5mを優に超えるボディを持ち車幅も広く、日本の公道を走らせるのも難しい状態ですが、なかには並行輸入車として日本に入ってきているクルマもあり、6輪駆動のモンスターカーを国内でも見る機会はあります。