トヨタ「クラウン」は、日本では長い歴史を持つ高級車として知られていますが、中国の一汽トヨタが2021年7月3日に予約を開始した新型「クラウンクルーガー」は、どんなモデルなのでしょうか。

中国仕様のクラウンも手掛けていた中国の一汽トヨタ

 2021年4月19日に中国の上海モーターショー2021で世界初公開されたトヨタ新型「クラウンクルーガー」の予約が、同市場で7月3日に開始されました。

 クラウンは日本を代表する高級車として知られますが、中国で展開される新型クラウンクルーガーは、どんなモデルなのでしょうか。

 新型クラウンクルーガーは、トヨタが中国市場も含めグローバルに販売するSUV「ハイランダー」をベースにした新型SUVで、中国におけるトヨタの合弁企業の一汽トヨタから販売されます。

 一汽トヨタはかつて中国仕様のクラウン(セダン)を取り扱っていた経緯もあり、今回新型クラウンクルーガーを同市場で手掛けることになったとみられるほか、一汽トヨタは「ヴェルファイア」をベースとしたクラウンブランドの新型ミニバン「クラウンヴェルファイア」も上海モーターショー2021で公開しています。

 新型クラウンクルーガーのプラットフォームは、姉妹車のハイランダーや「RAV4」、「ハリアー」などでも採用されるTNGAのGA-Kプラットフォームです。

 搭載されるパワートレインは、2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムで、電子制御四輪駆動システム「E-Four」も搭載。

 ポリマー制振材、高効率防音ガラス、防振材などの採用により、高級車らしい静粛性の高い室内環境を実現したということです。

 クラウンは日本で初代モデルが1955年に登場。

 その後、日本での販売を中心に展開されていたものの、長い歴史のなかでクラウンは中国への輸出や、現地生産もおこなわれるなど、中国市場との関わりもありました。

 そんななか、日本のクラウンについて2020年秋には「将来的にセダンタイプのクラウンを廃止して、次期型クラウンはクロスオーバータイプに変化」という報道もあった一方、今回中国では新型クラウンクルーガーの発表へと至っています。

 日本市場におけるクラウンの動向からも、目が離せない状況といえるでしょう。

 それではここでクイズです。

 日本で販売される現行モデルのクラウンは、何世代目にあたるでしょうか。

【1】5代目

【2】10代目

【3】15代目

【4】20代目

※ ※ ※

 正解は【3】の「15代目」です。

 現行モデルの15代目クラウンは、2018年6月に登場。「挑戦と革新を続ける初代コネクティッドカー」と掲げられて、発売されました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定