交通違反を取り締まるパトカーとして覆面パトカーがあります。トヨタ「クラウン」といった車種が一般的ですが、なかにはスポーティすぎて逆に一般車と見分けがつかないような覆面パトカーも存在しています。

カッコ良すぎる! 本気の覆面パトカーたち

 警察車両というと、白と黒のパトカーをよく見かけますが、普通のクルマのような外観で、一見パトカーと認識できない捜査車両が「覆面パトカー」です。

 覆面パトカーは、「交通取締用」「捜査用」「警察用」に分けられ、なかでも交通取締用は、一般道や高速道路で交通違反を取り締まっており、見かけたことがある人も多いでしょう。

 覆面パトカーを見分ける特徴は、トランクルームやルーフの上のアンテナや、通常ついているはずのエンブレムが外されている、バックミラーがふたつ設置されている、赤色灯が出てくるフタがルーフに設けられていることなどがあげられます。

 しかし最近では、一般車と見分けがつかないような覆面パトカーが存在するようです。

●トヨタ「カムリ」

 トヨタ「カムリ」といえば、上級サルーンとして人気のモデルです。警視庁の覆面パトカーとして採用されているカムリは、スポーティグレードの「WS」。現行カムリは日本ではハイブリッド車のみの設定となっており、警視庁としても初めてハイブリッドの覆面パトカーが導入されました。

 通常のWSグレードは、2.5リッター直列4気筒エンジンにモーターを組み合わせることで最高出力221馬力を発揮。

 足回りは、ショックアブソーバーやスタビライザーなどが改良され、乗り心地の良さと安定したドライビングを実現しています。

 覆面パトカーとして採用されたカムリは、TRDのエアロパーツを装着していることが最大の特徴です。

 フロントやリアのスポイラー、サイドスカートなどのエアロパーツを装着。また、ホイールも純正の17インチから、19インチのアルミホイールにインチアップされており、覆面パトカーとは思えないようなスポーティすぎるカスタムが施されています。

 TRD仕様の覆面カムリは、汐留やお台場周辺などの都心部、環状七号線や八王子バイパスなど、都内各所で目撃されているようです。

●トヨタ「マークX」

 2019年12月をもって生産終了となったトヨタ「マークX」は、前身の「マークII」から数えて50年以上にわたって根強い人気を得たモデルです。

 前出のカムリと同じく、マークXの覆面パトカーは警視庁所属。トヨタ車・レクサス車のカスタムパーツを手掛けるモデリスタの「+Mスーパーチャージャー」というコンプリートカーです。

 318馬力の3.5リッターV型6気筒を搭載する「350S」グレードをベースとしていますが、さらにスーパーチャージャーを追加。360馬力にパワーアップされ、ECUのセッティングも専用チューニングされました。

 足回りもスポーツサスペンションが採用され、純正よりもローダウン。低重心化を図ることで、走行安定性も高めています。

 マークX +Mスーパーチャージャーの覆面パトカーは、新宿区や足立区、練馬区などの東京都23区をはじめ、立川市や三鷹市などのほか、首都高でも取り締まりをおこなっているようです。

派手な青い覆面パトカー 逆に普通っぽくて判別不能!?

●スバル「WRX S4」

 スバル「WRX」は2リッター水平対向ターボエンジンを搭載したスポーティセダンとして人気を博しましたが、「WRX STI」は2019年12月、「WRX S4」は2021年1月に生産終了。次期モデルの登場が北米で予告され、日本国内でもその登場が期待されています。

 300馬力のターボエンジン(FA20型)とリニアトロニックCVTを搭載するWRX S4の覆面パトカーを埼玉県警が導入しました。

 白・黒・グレーといった地味なボディカラーを採用することが多い覆面パトカーが多いなか、WRX S4の覆面パトカーは、スバルを代表するボディカラーである「WRブルー・パール」を身にまとっています。

 もともとスポーティなスタイルのWRX S4で、しかも鮮やかなブルーのボディカラーということで、むしろ一般車に紛れてしまうようです。

 WRX S4の覆面パトカーは、埼玉県内の外環道や圏央道、関越道などで取り締まりをおこなっているようです。

 埼玉県警では、スバル「インプレッサWRX STi」を2003年に導入しているほか、「インプレッサWRX」や1.5リッターエンジン搭載の「インプレッサ」をパトカーだけでなく覆面パトカーとして導入しています。

※ ※ ※

 取り締まりをおこなう覆面パトカーには、動力性能が高く、一般車と見分けがつかないよう、トヨタ「クラウン」などが用いられることが多いです。

 しかし、捜査車両の覆面パトカーとしておなじみなのはスズキ「キザシ」でしょう。

 小さいクルマを得意とするスズキが手掛けたフラッグシップセダンですが、日本での累計登録台数は3379台。そのなかの約900台が覆面パトカーとして採用されました。

 一般ユーザーにはほとんど売れなかったことから「キザシを見たら警察車両だと思え」といわれるほどで、覆面パトカーとしては目立つ存在となっています。