日産が2021年6月15日に発表した新型「オーラ」は、ベースになった「ノート」からさまざまな点が差別化されています。どんな違いがあるのでしょうか。

アリアと共通のデザインテーマを採用

 日産が2021年6月15日に発表し、同年秋に発売予定としている新型「オーラ」は、同社のコンパクトカーの基幹車種「ノート」がベースだというものの、さまざまな差別化がおこなわれています。いったい、どんな違いがあるのでしょうか。

 日産によると、新型オーラは「つくり込んだきめ細かさ」「上質な素材の肌触り」「空間の心地よさ」といった感性品質にこだわりつつ、「美しさ」と「考え抜かれた機能性」を両立させたモデルとして登場。

 デザインは、日産が2020年7月15日に世界初公開した電動SUV「アリア」と同様のデザインテーマを採用し、日産のファミリーフェイスである「Vモーショングリル」も、より存在感のあるデザインとなっています。グリルパターンもメッシュ状からひし形へと変化しました。

 リアを見ると、リアコンビランプはボディの端から端まで一文字に光るデザインを採用し、アリアと共通のデザインテーマとしたほか、リアバンパーはボディ同色となります。

 なお、全幅1695mmで5ナンバーサイズとされたノートに対し、新型オーラでは+40mmの全幅1735mmに拡大され、よりデザインでの自由度が上がっています。

 内装に関しては、メーターのサイズがノートの7インチに対して新型オーラでは12.3インチへ拡大。また木目調フィニッシャーやツイード調織物の追加により先進性と高い質感が両立されています。

 さらに、搭載される電動パワートレイン「e-POWER」も、新型オーラとノートでは第二世代のシステムを搭載することは共通するものの、新型オーラでは専用チューニングが施されました。

 これにより、ノートの最高出力85kW・最大トルク280Nmから、新型オーラでは最高出力100kW・最大トルク300Nmまでパワーが向上しており、内外装の質感向上だけでなく、走りにもゆとりが生まれているといえます。

 それではここで、新型オーラの主要諸元に関するクイズです。

 新型オーラに採用されるリアサスペンションの仕様は、次のうちどれでしょうか。

【1】トーションビーム

【2】ストラット

【3】ダブルウィッシュボーン

【4】リジットアクスル

※ ※ ※

 正解は【1】の「トーションビーム」です。

 新型オーラのサスペンション仕様は、フロントが独立懸架ストラット式、リアがトーションビーム式です。

 なおノートのサスペンション仕様も、オーラと同様でフロントに独立懸架ストラット式、リアにトーションビーム式が採用されています。

※クイズの出典元:カーデイズ