ステランティスは2021年7月9日、同社が擁する7ブランド、プジョー、ジープ、シトロエン、フィアット、アバルト、アルファ ロメオ、DSオートモビル累計の、2021年上半期販売台数が2万4505台となり、合計での上半期過去最高販売台数記録を更新したと発表した。

対前年比46%のプラス成長

 プジョー、ジープ、シトロエン、フィアット、アバルト、アルファ ロメオ、DSオートモビルの7ブランドを擁するステランティスは2021年7月9日、2021年上半期の累計販売台数を2万4505台と発表。合計での上半期過去最高販売台数記録を更新した。

 2021年上半期の記録は、対前年比46%プラスの成長であり、純輸入車市場の伸びである20%を大幅に上回った。さらに2021年上半期の純輸入車市場でのシェアも18%を獲得した。

 ステランティスの好調を支えているのは、昨年来続く安全安心な移動手段としての自家用車需要の回復と個性派揃いの各ブランドのラインナップによるものだという。全体として好調であることに加え、ジープはこれまで過去最高だった2019年上半期を1223台上回り、シトロエンも昨年を1478台上回る記録更新を見せている。

 日本においてステランティスを率いるポンタス・へグストロム氏は、上半期の好業績について次のようにコメントしている。

「2万4505台という数字は、2020年通年の販売実績の60%となります。通常、我々は上半期よりも下半期の方が販売台数は多いので、年間台数の更新にも期待が持てます。とくに本年下半期には、先ごろ刷新したミドルサイズSUV、ジープ・コンパスのデリバリーが本格化するので、台数のベースアップを大いに期待しています。プジョーも新ブランドアイデンティティとともに刷新されたラインナップをお披露目する大規模展示イベントを、日本の主要都市で開催する予定で、新規顧客の獲得がさらに加速する見込みです。ステランティスの全ブランドは成長軌道を継続し、今後も市場を大幅に上回る成長を続けていくと確信しています」

●2021年度上半期実績

・プジョー:受賞歴のある「208」/「e-208」、「2008」/「e-2008」の販売が引き続き好調で、「3008 GT HYBRID4」も好調
・ジープ:アウトドアに対する消費者の関心が高まる快適な季節に、「ラングラー」と「レネゲード」が継続的に販売を伸ばし、上半期の6か月中4か月で月間最高記録を更新
・シトロエン:「ベルランゴ」の2020年4月の発売開始以来の勢いが続いており、ブランド認知と拡販を実現
・フィアット:上半期で2回、月間最高販売台数を更新するなど、ロングセラーである「500」が新規需要も代替需要も好調で、第2四半期として過去最高を更新
・アバルト:「595シリーズ」が、上半期の対前年比で5%増と好調
・アルファ ロメオ:装備充実の「ジュリア」と「ステルヴィオ」が高い支持を得ており、対前年比68%の高成長
・DS:新電動化フラッグシップである「DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4X4」の発表により、来場者数と受注が増加