自分好みに仕上げた“カスタムカー”。今回は、テレビ番組でもお馴染みの一流ヴァイオリニストやクルマ好きタレントなど、人気芸能人がお金や時間、手間をかけて作り上げた“世界に1台”しかないカスタムカーをピックアップして紹介します。

カスタマイズ用に約180万円で軽ワゴンを購入! コンビで仲良くカスタムカーでキャンプを堪能!

 愛車を自分好みに改造する“カスタムカー”。カスタマイズすると日常使いや乗り心地、買取り時の価格が心配な反面、憧れも強いものです。
 
 今回は、テレビ番組でも大活躍する一流ヴァイオリニストの高級カスタマイズカーや、クルマ好きタレントが時間と手間をかけた、こだわりのカスタマイズカーなど、“世界に1台”しかない人気芸能人の愛車を紹介します。

 ●ヒロミさん

 ポルシェ「カイエンクーペ」やフォルクスワーゲン「タイプ3」などを所有し、クルマ好きとしても知られるヒロミさん。

 登録者数100万人を超える自身の人気YouTubeチャンネル「Hiromi Factoryチャンネル」内で、愛車のダイハツ「ハイゼットジャンボ」をカスタマイズする様子が公開されています。

 2020年2月13日に55歳の誕生日を迎えた際の動画で、自身へのプレゼントとしてハイゼットジャンボを購入したことを明かしました。

「何にもないんですよ。ラジオもなけりゃ、ステレオもないし、ETCもなければ何もない。そのへんのところも色々つけていったりというのもやっていこうと思う」などと、カスタマイズすることを予告していました。

 実際に、ヒッチメンバーやマフラーを取り付けたり、車高をあげたり、ホイールを塗装したりと、すべて自宅のガレージで自分好みにカスタマイズ。

 2021年6月に更新された動画「【軽トラ】ハイゼットジャンボ、ロープホール加工!」では、クルマの荷台に穴を開けるシーンから始まり、荷物を積むときなどに便利なロープホールを自らの手で装着。

 その手際の良さが目立った動画は36万回再生(2021年7月時点)されるなど人気動画のひとつとなっています。

 DIY好きのヒロミさんだからこそ、かっこよく仕上がっているハイゼットジャンボのカスタムカー。今後どのように変化していくのか楽しみです。

 ●ロンドンブーツ1号・2号 田村淳さん

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。公式YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」にて数々の話題を振りまいています。

 2020年7月の生配信では179万9000円のスズキ「エブリイワゴン」の購入を決意して注目を浴びた淳さん。

 8月に更新された動画で納車を報告し「普通は皆さん、これで買い物とか行くんでしょうけど、キャンプ専用の車ですから。小金持ちとしてきっちり小金をかけたカスタムをお見せします」などと、キャンプ専用のカスタマイズカーにすることを宣言しました。

 エブリイワゴンをキャンプ仕様に改造すべく、お抱え運転手で後輩芸人の轟車輪さんとともにカスタムしていく様子を次々とチャンネルにアップ。

 はじめは、前後のバンパーを短いタイプにし、車高をアップするところから作業は始まりました。

 2020年10月に更新された動画「ルーフテント【エブリイカスタム】淳チョーご機嫌の回」では、キャリアとルーフテントを乗せるカスタムを施しました。ルーフに接続するための金具を設置するなど、すべて自分たちの手でおこない完成させていきます。

 同じく10月に更新された動画では、タイヤとマフラーを交換。「見違えるほどタフさが出てかっこいいね! エブリイとは思えない!」と満足な様子でした。

 最終的にはクルマの上部に寝床が作られ、車体の横に休息スペースも確保。すっかり立派なキャンピングカーにカスタムされました。

 実は、相方の亮さんも愛車をカスタマイズしています。淳さんと亮さんがそれぞれこだわりのカスタムカーで、キャンプ場を訪れる動画「ソロ4人で集合キャンプ【カスタム自慢】」も公開。

 淳さんはエブリイワゴン、亮さんはキャンプ仕様車として改造したダイハツ「ハイゼットトラック」でついにキャンプデビューを果たしています。

 大人たちが、こだわりのカスタムカーでキャンプを楽しむ姿は、見ていて羨ましく、楽しくなるばかりです。

約200万円かけて高級カスタマイズ!“男勝り”なクルマ好き芸能人のカスタムカーとは?

 ●高嶋ちさ子さん

 バラエティ番組で引っ張りだこの一流ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子さん。これまでの愛車は約20台という、実はクルマ好きなのです。

 テレビ番組で見るキャラクター同様、まさに“男勝り”なクルマを乗り継いできました。

 18歳で運転免許を取得後、初めての愛車がフォルクスワーゲン「ビートル」。

 その後はポルシェ「カイエン ターボ」、メルセデス・ベンツ「SL500」、トヨタ「エスティマ」などかっこいいクルマを愛用してきました。

 過去、TBSのバラエティ番組「櫻井有吉アブナイ夜会」に出演した際には、ランドローバー「レンジローバー スポーツオートバイオグラフィー」を約1300万円で購入し、さらに約200万円かけてカスタマイズ。

 各シートにヘッドレスモニターを設置し、通常2列シートを自動収納可能な3列シートにカスタムするなど、世界に1台しかないクルマに仕上げました。

 現在は、高嶋さんの公式SNSの投稿を確認する限り、レンジローバー スポーツオートバイオグラフィーからメルセデス・ベンツの「Gクラス」に乗りかえている様子。存在感たっぷりなデザインが高嶋さんにピッタリです。

※ ※ ※

 さすがは芸能界の第一線で活躍するタレントたち。羨ましくてかっこいいカスタムカーばかりでした。これらのクルマが今後、どのようにカスタマイズされていくのか楽しみです。