スバルのFRスポーツカー「BRZ」がフルモデルチェンジし、新型モデルが2021年7月29日に発表されました。新型BRZはどのようなクルマに進化したのでしょうか。

誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー誕生!

 スバルは、FRスポーツカー「BRZ」の新型モデル(日本仕様)を2021年7月29日に正式発表しました。なお、同日より先行受注を開始します。
 
 2代目となる新型BRZは、どのような進化を遂げているのでしょうか。

 初代モデルは2012年に発売。「低重心」「軽量」「コンパクト」という特徴を持つ水平対向エンジンを低い位置に搭載することで、世界トップクラスの低重心による優れたハンドリング性能を実現しています。

 初代モデルと同様に、2代目となる新型モデルにおいてもトヨタとスバルが共同で開発。

 クルマのベースを共有しながら、トヨタ新型「GR86」と新型BRZのそれぞれの個性を際立たせる異なる走りの味を持たせることに注力し、新型BRZは「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を実現しました。

 新型BRZは、初代モデルから排気量を拡大した、新型2.4リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。徹底した吸排気性能の強化とフリクション低減によってトルクを向上。レスポンスも速く、滑らかに高回転まで吹け上がるスポーツカーらしいフィーリングとともに、力強い加速をもたらします。

 トランスミッションは6速MTと6速ATが用意されますが、なかでもAT車は「スポーツモード」の制御が進化。クルマがスポーツ走行中と判断した際に、ドライバーの意思や操作に応じて最適なシフト操作を自動的におこない、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能にしました。

 また、新型BRZはスバルグローバルプラットフォームの開発から得たノウハウを取り入れ、さらにインナーフレーム構造や構造用接着剤などの採用によりボディを再構築。

 初代モデルに対しフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%と大幅に向上し、ステアリング操作への応答性を高めてより軽快な動きを実現するとともに、旋回時のトラクション性能を高めています。

 さらに、ルーフやフード、フロントフェンダーの素材に軽量なアルミを採用し、エンジン出力や安全性の向上に伴う重量増を抑制すると同時に、前後左右重量の適正化やさらなる低重心化を実現して運動性能が向上しました。

 加えて、上級グレード「S」は18インチアルミホイール(215/40R18)とタイヤはミシュラン「パイロットスポーツ4」を装備し、優れたコントロール性能と応答性能で走りの愉しさをさらに引き上げています。

 新型BRZのデザインは、一目見ただけで高い走行性能を予感させる、躍動感を持ったスポーツカーらしいスタイルに仕上げました。

 より低く、よりワイドに設置されたヘキサゴングリルが低重心を主張するとともに、グリルから始まり後方へ連なる芯の通った造形で体幹の力強さを表現。

 絞り込んだキャビンと力強く張り出したフェンダーのダイナミックな抑揚が、スポーツカーらしい走りへの期待感を高めます。

 サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットなどはデザインにアクセントをもたらすだけでなく、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出す機能性を持ち合わせた空力アイテムを多数採用しています。

 内装は、シンプルな水平基調のインストルメントパネルや低く設置したメーターバイザーによって広い視界を確保。集中して運転を愉しむことのできる室内空間を実現しました。

 メーターは、7インチカラー液晶とLCD液晶を組み合わせたデジタルメーター(BOXERメーター)を採用。必要な情報をわかりやすく表示し、日常の運転からスポーツ走行時まで直感的に情報を把握することができます。

 そして、高いホールド性とフィット感をもたらすスポーツシートを採用し、クルマの挙動を正確にドライバーへ伝えるとともに、疲れにくく運転に集中できる環境を作り出しました。

 新型BRZでは、ピュアスポーツカーならではの走りを最大限に愉しめるよう、安心・安全という付加価値にも磨きをかけています。

 AT車には、同車初となる運転支援システム「アイサイト」を標準装備。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールが安心で快適なドライブをサポートします。

 また、高張力鋼板の採用拡大などによりボディを強化するとともに、各種エアバッグをはじめとする乗員保護システムを強化することで衝突安全性能を向上しました。

 新型BRZの価格(消費税込)は、308万円から343万2000円です。

 なお、初年度の販売計画台数は、月間500台を予定しています。