気がつけば8月ももう後半。感染力の強いデルタ株によって、全国各地で新型コロナウイルス感染がさらに拡大し、連日過去最多の感染者数となっています。そんな状況下、いま全国の高速道路はどのようになっているのでしょうか。2021年夏の高速道路事情をレポートします。

SA・PA併設のコンビニなどでは20時以降のテイクアウトが可能

 気がつけば8月も下旬に入り、夏休みも残りわずか。とはいえ、コロナ禍による「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の対象エリアは拡大し、期間も同年9月12日までに延長されています(2021年8月20日の原稿執筆時点)。

 では、そんなコロナ禍に対して、高速道路はどのように対応しているのでしょうか。その現状をレポートしたいと思います。

 まず、気になるのが食事関係でしょう。

 NEXCO東日本/中日本/西日本の各社からは、SA・PAの飲食関連施設の営業状況が発表されています。それを見ると、基本的に「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の対象エリアにあるSA・PAは、どこも行政からの飲食店の営業短縮に応じています。

 また、国からの発令はないものの、福井県など県独自の時短要請がある場合も、それに準じた営業となっています。そうした地域では、ほぼすべてのSA・PAで飲食店は20時以降の営業をストップしています。

 ただし、例外もあります。

 それが、SA・PAにあるコンビニエンスストアやショッピングコーナーなどのテイクアウト販売です。コンビニエンスストアやショッピングコーナーの多くは通常営業で20時以降も空いており、軽食も販売されています。

 さらに東名高速道路の海老名SA(下り)では、キッチンカーによるテイクアウト販売の夜間営業もおこなわれていますし、名神高速道路の大津SA(下り)では、20時以降もマクドナルドのテイクアウト販売が実施されています。

「物流のお仕事でSA・PAを利用する方もいらっしゃいますので、不便のないようにしています」とNEXCO東日本エリアでSA・PAを管理するネクセリア東日本の広報担当者が説明するように、20時を過ぎたら真っ暗になるというわけではないようです。

 また、ガソリンスタンドも通常営業しています。夜のレストランやフードコートの利用はできませんが、軽食を手に入れることは可能。電子レンジや給湯器が設置されているところもあるので、温かいお弁当をいただくこともできるようです。

この夏の渋滞回数はコロナ前の2019年と比較して80%以上減少した

 では、交通量はどうなのでしょうか。

 2021年8月17日に発表された「お盆期間における高速道路の交通状況(速報)【全国版】」では、お盆の期間(8月6日から16日)の平均日交通量は、コロナ禍のなかった一昨年2019年と比べると、62%も減少していたとか。

 昨年2020年と比べても92%に減少しています。そのため渋滞も減っていて、10km以上の渋滞回数は82回。476回も発生した2019年の19%という激減ぶり。渋滞数を2020年と比べても55%にも減っています。確実に、今年は交通量が減っているのです。

 ちなみに2021年でもっとも渋滞が多かった日は、8月6日金曜日の上り線の12回。通常の夏ならば、8月上旬は下りが混んで、8月中旬に上りが混むものですが、今年はどういうわけか、先に上りが混むという異常事態となりました。

 また、例年は全国でお盆期間に発生する渋滞のうち、首都圏の占める割合は全体の半分ほどでしたが、今年は中京圏やその他エリアの渋滞が激減したため、約8割の渋滞が首都圏に集中する結果になっています。

※ ※ ※

 そして最後は、通行料金の休日割引です。

 高速道路は、基本的に土曜祝日はETCを利用者に、通行料3割引きの休日割引を実施しています。しかし、今回のコロナ禍の感染拡大防止を図るために、国土交通省から依頼されて、2021年4月29日から9月12日まで、休日割引の適用除外を実施しています。つまり、割引なしです。

 ただし、深夜0時から4時までの深夜割引(3割引)は生きています。お得に旅したいのであれば、深夜の移動がおすすめとなります。

「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の発令エリアでも、SA・PAのコンビニエンスストアやショッピングコーナー、ガソリンスタンドは空いています。ただし、レストランやフードコートは夜20時まで。さらに休日割引が停止されているなど、やはり、いつも通りとは、ほど遠いというのが現状です。

 コロナ禍の感染拡大防止のためには、不要不急の外出は控えるべき。あと1か月弱ですから、もう少し辛抱してみましょう。