安全運転を心がけていたとしても交通事故に巻き込まれる可能性はあります。交通事故の際には、お互いの過失の割合でその後の罰則などが変化しますが、3台以上が絡む玉突き事故の場合、過失の割合はどうなるのでしょうか。

3台以上が絡む玉突き事故、過失の割合は?

 クルマを運転する際に、安全運転を心がけていても、防ぐことが難しい後方からの追突事故。
 
 場合によっては複数台がからむ追突事故(以下、玉突き事故)になることもありますが、後ろからの追突によって自分のクルマが前方車両にぶつかってしまったら、事故の過失割合はどうなるのでしょうか。

 一般道では速度域が低いこともあり、比較的に少ない台数での事故となることが大様ですが、高速道路などでは数十台のクルマがからんだ大事故に発展することもあります。

 追突事故の原因として考えられるのは、「前方不注意(わき見運転)」です。

 わき見運転は、スマートフォンやカーナビの操作や、同乗者との会話に気を取られていたなどにより、前方にあるクルマなどに気づくのが遅くなった結果、追突事故を起こすことになります。

 また、高速道路などの速度域が高い場合には、速度超過や車間距離を詰めすぎることなども追突事故に繋がると考えられます。

 では、追突による玉突き事故の場合、後続車に追突されて自車が前走車に接触したことで、自身の過失割合はどのようになるのでしょうか。

 保険会社の担当者は、玉突き事故の過失割合について以下のように話します。

「現場の状況にもよるので、ケース・バイ・ケースとなりますが、玉突き事故では、基本的に追突した車両の過失割合が100%に近くなる可能性が高いといえます」

 玉突き事故は3台以上が絡むことが前提とされていますが、いかなるときでも一番後ろのクルマに過失がつくことが一般的です。

 一方で、追突されたクルマにも過失があると判断される例もあります。そのひとつとして、前走車の急ブレーキによる追突事故が挙げられます。

 道路交通法第24条には「急ブレーキの禁止」という項目があり、運転者は危険を回避するためにやむをえない状況以外では急ブレーキをかけてはならないと定められています。

 これに違反する急ブレーキによって、正常に走行してきた後続車に追突された場合には、急ブレーキをかけた車両の運転が違反行為に該当するため、急ブレーキを踏んだ車両の運転者に過失がつくことも十分に考えられます。

 ただし、玉突き事故はケース・バイ・ケースとなるため、最後尾のクルマの過失が大きくなることは前提ですが、そのほかの車両については、事故時の状況によって左右するため、一概に過失割合を示すことはできないでしょう。

高速道路では過失割合が異なる?

 高速道路で起きる玉突き事故に関しては、一般道路のものとは少々事情が異なります。

 高速道路での玉突き事故の過失割合について、前出の保険会社の担当者は以下のように話します。

「高速道路では、基本的にクルマが円滑に流れており、玉突き事故は起こりにくい状況であると認識されます。

 その一方で、玉突き事故が起こるということは、事故の原因をつくったクルマの運転の仕方に大きな問題があるといえるでしょう」

 高速道路上では道路交通法第75条によって最低速度を守って走行することが定められており、前述の第24条にあたる急ブレーキの使用はもちろん、渋滞時などをのぞいて、最低速度を下回るスピードでの走行も禁止されています。

 なお、渋滞中などのやむを得ない事情などにより停車している状況で追突事故が発生した場合では、基本的に追突したクルマの過失割合が高くなる可能性が多いようです。

 実際に高速道路上で追突された経験があるA氏(都内在住・男性)は、次のように話しています。

「渋滞の最後尾で停車していた際、後方から追突されました。しかし、過失割合は10:0ではなく、停まっていた自分にも多少の過失が付きました。

 これに対して、事故対応にあたった警察官から『基本的に高速道路は停まってはいけないので、渋滞時でも過失がゼロになることはあまり無く、少なからず過失が発生する』と説明されたのを覚えています」

 このように、過失割合については事故発生時の状況などが大きく関わるため、確実な割合を事前に把握しておくことは難しいようです。

※ ※ ※

 なお、事故の際に負傷者がいる場合、救護を優先してハザードランプや発煙筒を使用し、後続車に対する安全措置を取ります。
 
 その後、救護と安全確認が終わったら警察に通報し、保険会社に連絡する流れが望ましいです。