独メルセデスAMGは2021年9月1日、ブランド初となる高性能プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「AMG GT63S E PERFORMANCE(AMG GT63S Eパフォーマンス)」を世界初公開しました。

システム総合で843馬力、1400Nm以上のスーパーカー

 独メルセデスAMGは2021年9月1日、ブランド初となる高性能プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「AMG GT63S E PERFORMANCE(AMG GT63 S Eパフォーマンス)」を世界初公開しました。

 Eパフォーマンスモデルは、メルセデスAMGの電動化モデルとして今後展開される予定で、今回登場したGT63S Eパフォーマンスはその第1弾モデルとして登場しました。

 搭載されるパワートレインは、AMG63シリーズと同じ4リッターV型8気筒ビターボ(ツインターボ)エンジンを搭載。最高出力639馬力・最大トルク900Nmを発生します。このエンジンに150kW(204馬力)・320Nmを発生するモーターを組み合わせ、システム最高出力は843馬力、システム最大トルクは1400Nm以上という怒涛のパワー/トルクとなります。

 その結果、0-100km/h加速は2.9秒、0−200km/h加速は10秒以下、最高速度は316km/hというパフォーマンスを発揮します。

 電気モーターはリアアクスルに配置され、電動シフト式2速ギアボックス、電子制御LEDと一体化して、コンパクトな電気ドライブユニット(EDU)を構成します。また軽量で高性能なバッテリーはリアアクスルの上に配置されています。

 モーターはリアアクスルに直接作用するため、そのパワーをより直接的に推進力に使うことができ、発進・加速・追い越し時に優れた力を発揮します。モーターのパワーはフルトルクで発揮されるため、とくにスタート時にその進化を発揮します。

 高性能バッテリーは6.1kWhの容量。充電は3.7kWのオンボードAC充電器を使います。EV走行可能距離は12kmですが、たとえば住宅地から出発する際など、静かでエミッションフリーな走行を可能にする実用的な使い方が可能です。

 基本的には、メルセデスAMGペトロナスのF1レーシングカーのハイブリッド・パワーパックの考え方を元にしています。ドライバーが必要とするときには、最大の推進力がいつでも利用可能で、たとえばコーナー出口での加速や追い越しの際には、高い回生性能とオンデマンド充電により、電気によるエネルギーをいつでも使うことが可能です。

EVのようにワンペダル走行も可能

 GT63 S Eパフォーマンスのエクステリアデザインは、PHEVを主張せず普通のAMG GTとほとんど変わりはありません。エンブレムに「E PERFORMANCE」という文字が入るのが内燃機関モデルとの見分け方になります。

 また充電リッドは、リア右側下方のバンパーに設置されています。

 AMGダイナミックセレクトと呼ばれるドライビングモードは7種類。

 エレクトリック/コンフォート/スポーツ/スポーツ+/レース/スリッパリー/インディビデュアルがあり、高効率からこうダイナミックまで幅広いドライビングを提供します。これらはドライブシステムやトランスミッションのレスポンス、ステアリング特性、サスペンションのダンピング、そしてサウンドなど重要なパラメーターを調整します。

 これらモードの選択はセンターコンソールにあるスイッチ、またはAMGステアリングホイールのボタンで切り替えが可能です。

 通常のスタート地味はコンフォートモードで静かにスタートします。その際、AMG特有のパワフルなスタート音が車内のスピーカーから発せられ、走る準備が整ったことを音響的にフィードバックします。

 またEV走行時には、アコースティックビークルアラートシステムにより、周囲に接近を警告します。

 回生の強さはレベル0からレベル3まで、4段階で選択が可能です。レベル0では、普通の内燃機関モデルと同じ感覚で、アクセルを離すともっとも抵抗が少ない状態でコースティングします。レベルが上がると回生が強くなり、レベル3ではEVのようなワンペダルドライブも可能になります。

 メルセデスAMG GmbHの取締役会長であるフィリップ・シーマー氏は「このモデルは、私たちのブランドのDNAを、電動化された未来へと運んでいます。AMGが常に特別で魅力的な理由である、独自の技術的な道を歩むことになります。このパフォーマンス・ハイブリッドは、魅力的なドライビング・ダイナミクスを提供します。この新しいコンセプトにより、メルセデスAMGを21世紀のパフォーマンス・ラグジュアリー・ブランドとして体験していただける新しいターゲットグループを開拓していきます」とコメントしています。

※ ※ ※

 GT63 S Eパフォーマンスの車両価格はまだ発表されていません。日本導入時期も未定です。